« 第17話:Evaluationのヒント(その3 「事前に」原稿を渡すことの是非) | Main | 第19話:プレジデントやってみませんか(その1) »

第18話:トーストマスターズクラブの作り方

私は、昨年厚木座間TMCのメンバー4人と一緒に神奈川県大和市に大和バイリンガルクラブを設立しました。
そちらでの経験を簡単にまとめてみました。

私はもっとたくさんクラブを作ってよいと思います。人口と生涯学習熱の高まりのなかトーストマスターズクラブの絶対数はやはり不足しています。これをお読みになりぜひ作ってみたいというお気持ちになれば幸いです。

【作り方(要点のみ)】
①まず、District76に対して「クラブを作りたい!」という意思表示(メール、電話、直接)をします。
②How to build a new Toastmasters Clubというマニュアルを入手します。(よくできています)
③TMIに「APPLICATION TO ORGANIZE A TOASTMASTERS CLUB」という申請書と95ドルを送付します。(カードOK)
④Charter Kit 1が段ボールで届きます。Basic Manualが20冊もこの中に入っています。
⑤デモミーティングを行います。
⑥メンバーが合計20人(うちNon-Dualが17人)になったら、チャーター申請書一式とメンバー数分の会費を送ります。
⑦District 76にチャーターした旨連絡します。
⑧Charter Kit 2が段ボールで届きます。Gavel(金槌といってはいけません)も入っています。
⑨チャーターセレモニーを行います。District Governorからチャーター証書がクラブに、チャーターメンバー証書がメンバーに手渡されます。

【ノウハウ編】
①会計は非常に大事です。始めに発起人一同がいくらかお金を出し合ってその中から活動費を捻出するか、あるいはとりあえず支出は個人で行い、レシート(領収書)を会計担当に渡し、会員が増え会費がある程度のレベルに達したらそこから払い戻すかを決めたほうがよいです。大和バイリンガルは後者でした。
②発起人の中に地元に顔が利く人がいると、大変スムーズです。ただしこういう人にはかなり動いてもらうことになりますので、親しき仲にも礼儀ありの気持ちを忘れずに充分礼を尽くすことは必要です。(物やお金によるお礼ではなく気持ちでという意味です。)
③デモミーティングの日に17人以上の新入会員を集めるくらいの勢いでがんばりましょう。そのために、PRは欠かせません。公共機関にビラをおかせてもらい、スーパー・銀行にポスターを貼らせてもらい、自治体の住民向けの広報誌の仲間募集欄、口コミ、テレビ局、ラジオ局、新聞社に声をかけてみましょう。すべて「だめもと」の精神でよいのです。
④新しく入った仲間のケアをこまめに行ってください。会費をいただいたのであれば、早めにBasic Manualを渡してあげてください。コピーした資料などではなくTMIの正式なテキストを渡すことで皆さんのモチベーションもあがります。これは大事です。
⑤新しいクラブは、ほとんどが新人さんですのでワークショップで、トーストマスターズ、および教育プログラムについて知ってもらうことはとても大事です。始めのうちはEvaluation, Table Topicsのワークショップから初めだんだんと裾野を広げていけばよいでしょう。
⑥新人さんには、かならずメンターをアサインしてきちんとケアしてあげてください。やめられるとチャーターが遠のきます。
⑦TMIへの申請書は送りっぱなしではなく、私はかならずTMI宛にメールを送ってフォローしておきました。メールの内容は「届きましたか?不備はありませんでしたか?」で、別便で送った申請書をスキャンしたものを添付して送っておきました。
バナーは、自分たちでオーダーしなければなりません。クラブ番号が取れてからの発注になり、かつ納期が90日から120日(クラブ名などを入れる場合)かかりますので、チャーターセレモニーにバナーを!と考えている場合はその辺の考慮が必要です。

【チャーターは早めに】
チャーターには、メンバーが合計20人(うちNon-Dualが17人)から集めた会費およびサービスチャージ、およびチャーター申請書一式をTMIに送付し、TMIからクラブ番号が与えられ証書が発行されることが必要です。
私は、一日も早くチャーターすることが発起人としての義務だと考えていました。チャーター前のクラブにおいては、Dualメンバー以外の会員は、クラブから見たらメンバーですが、TMIから見たらメンバーではありません。この人たちは、がんばってBasic ManualのProject10を終わらせてもCTMにはなれませんし、Toastmasterマガジンも送られてきません。コンテストに出ることもできません。クラブに会費を払っていてもチャーターしたクラブのメンバーと同じ扱いは受けられないのです。
ですから一日も早くチャーターしてあげて同じ扱いを受けることができるよう全力を尽くしました。

商売では、一定期間勤めると「のれんわけ」してもらい自分の店を持つことがよくあります。トーストマスターズのメンバーであればクラブでいろいろなスキルを身につけリーダーシップスキルを向上させたら、ぜひクラブ作りにチャレンジしてみてください。

クラブを作るのに必要なコミュニケーションスキルはBasic Manualの10までやれば身につきます。

クラブを作ってスキルアップ。面白いですよ!

|

« 第17話:Evaluationのヒント(その3 「事前に」原稿を渡すことの是非) | Main | 第19話:プレジデントやってみませんか(その1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第17話:Evaluationのヒント(その3 「事前に」原稿を渡すことの是非) | Main | 第19話:プレジデントやってみませんか(その1) »