« 第35話:愛あるDCP(その1) | Main | 第37話:愛あるDCP(その3) »

第36話:愛あるDCP(その2)

Educational Achievement以外のGoalを「愛」の視点で見てみましょう。

7. Four new members 
8. Four more new members

メンバーが入会するということはクラブにとって大変嬉しい事です。Induction Ceremony(入会式)の事を思い浮かべてください。拍手とメンバーの笑顔に迎えられて、入会するときの新メンバーは本当に嬉しそうです。上のDCPポイントを二つとも達成するということは、8人の方が笑顔で迎えられ、クラブにとっても嬉しい事が8回あったということです。新メンバー一人一人は無限の可能性を秘めています。クラブのリーダーとなるかもしれませんし、International Presidentになるかもしれませんし、スピーチの世界チャンピオンになるかもしれません。クラブにとって新しいメンバーを迎え入れ、さらによい方向に向かいように努力していくことは、大事な事なのです。

VPMは、その大きな愛の視点で、アクションを取っていく事が大事だと思います。

さらに

9. Minimum four officers trained each training period

Club Officer Trainingで、他のクラブのBetter Practice、そしてBest Practiceを学ぶということは大事です。そこでパワーアップされたOfficerに引っ張られているクラブは幸せだと思います。

10. One semi and one officer list submitted on time

TMIに対してきちんと期限を守って報告、送金を行うということは、TMIから、Districtからサポートを受けるために必要です。

以上、ご覧になったように、DCPとはすべて結果です。

たとえば、

- 最低8人にその人の立てた目標を達成させ幸せな気持ちになってもらうことにコミットする。
- 最低8人を入会させ、その8人を幸せな気持ちにし、クラブに元気を与えることにコミットする。
- よいOfficerとしてクラブに貢献し、さらに楽しいクラブ活動ができるよう、勉強する事にコミットする。
- 送金、報告に関するクラブの義務を果たしメンバーが当然受けるべき権利を保障するようコミットする。

そのことに忠実にOfficerが活動していけばDCPで10ポイントを獲得する事ができます。

DCPを目標にしてもよいのです。でも、その実現には「愛」の気持ちをもってプランニングすることが大事です。

そのことは、Club Success Planに書かれています。

では、その気持ちをどうメンバーに伝えて実行していけばよいのでしょうか?

|

« 第35話:愛あるDCP(その1) | Main | 第37話:愛あるDCP(その3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第35話:愛あるDCP(その1) | Main | 第37話:愛あるDCP(その3) »