« 第52話:Poscastでリスニングマラソン | Main | 第54話:世界最高レベルのRegular Meeting »

第53話:TMCの歩き方(海外のクラブの訪問)

海外に旅行あるいは出張した際に空き時間があれば、現地のTMCを訪問してみませんか?
私は、海外出張の際には極力現地のクラブを訪問するようにしております。

海外のクラブに参加して思うのは、「トーストマスターズってトーストマスターズなんだな」ということなのです。今までペンシルバニア、上海、バンコックのクラブに参加しましたが、どのクラブも、私のクラブ、私が参加した日本のクラブのミーティングと同じフォーマットで行っているのです。

- ペンシルバニアのクラブでは、まだBasic Manualが終わっていない私がATMの人のスピーチのEvaluationをしました。 (2001年)
- 上海のPuDong TMCでは、General Evaluatorをしましたし、Table Topicsで当てられました。 (2005年)
- バンコックのクラブでは、私はAh Counterに15回も無駄な音をチェックされました。  (2005年)

日本も入れて4カ国にあるいろいろなクラブに参加しましたが、どこも違和感なく「Toastmasters」という共通語でRegular Meetingを楽しむことができました。どのクラブも、「あなたのクラブを訪問したいのですが、お願いできますか?」とメールで尋ねて訪問したらどこも歓迎してくれ、ミーティングの中の役に空きがあればその場で頼まれたり、こちらからお願いして引き受けさせてもらうこともあります。

では、実際にクラブを訪問するまでの手順を紹介いたします。
- www.toastmasters.orgのWebサイトで、自分の訪問先にあるクラブを探す。
- 日時・場所・言語など条件にあったクラブを見つけたらメールで参加できるかを聞いてみる。
- OKといわれたら、遅刻せずに参加して、何か貢献できることはないか申し出る。(たとえばGeneral Evaluator, Evaluatorなど)
- また日本のTM,クラブについて紹介する時間をMax5分でもらう。
- ミーティングが始まったらベストを尽くす。
- ミーティングが終わったら写真を撮る。
- 二次会があれば参加する。(海外のクラブはあまり二次会をしませんね)
- お礼状を忘れずに出す。

www.toastmasters.orgでのクラブの探し方ですが、
- メインページでFind a Clubをクリックする。
- Find a Toastmasters Clubというページにジャンプする。
- そのページの右下のGuided Searchコーナーで、Select a countryのドロップダウンボックスで国を選ぶ。
- そこから国→(アメリカは州)→都市で絞り込み、SHOW CLUBSボタンを押す。
- クラブの一覧が出てくる。
- さらに、1. Meeting開催日、2.午前・午後の別、3.誰でも参加できるかどうかで絞り込む場合は、このページの左のFind a clubのところで絞込み条件を設定してFILTER RESULTSボタンを押します。

- ここで一覧表が出てきます。一ページに10クラブが表示されますので、複数ページにまたがっている場合は、クラブ一覧表の下にあるNEXT PAGE, PREVIOUS PAGEあるいはLAST PAGEをクリックするなどしてページめくりを行います。

- 一覧表を見ると、たとえば火曜日に開催するクラブでも、第二+第四というパターンだったり、第一+第三というパターンだったりいろいろですので、ここから今度は自分の目で探す必要があります。で、いくつか訪問できそうなクラブが見つかったらクラブあてにメールを書けばよいと思います。

別の方法

あるいは、5年前にペンシルバニアのクラブを訪問したときに使った方法は、ペンシルバニアを統括するDistrictのWebサイトからDistrictガバナーのメールアドレスを見つけて、メールを書いてAreaガバナーを紹介してもらいAreaガバナーに彼女が所属するクラブに連れて行ってもらいました。この方法は、やり取りが楽しいです。

現地のトーストマスターズクラブにどんどん参加して、視野と友達の輪を広げていくのはとてもすばらしいです。ぜひ一度チャレンジしてみてください。

|

« 第52話:Poscastでリスニングマラソン | Main | 第54話:世界最高レベルのRegular Meeting »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第52話:Poscastでリスニングマラソン | Main | 第54話:世界最高レベルのRegular Meeting »