« 第82話:究極のBody Language「エアギター(Air Guitar)」 | Main | 第84話:Webサイトについて考える »

第83話:なぜ江戸川グリーンパレスなのか?

11月11日(土)と12日(日)二日間にわたって、東京江戸川グリーンパレスで行われたD76 Fall Conferenceに参加してきました。二日間にわたってのイベントを主催したICF千葉トーストマスターズクラブに心から敬意を表し、感謝の気持ちを送らせていただきます。

さて、この江戸川グリーンパレスというのは関東のトーストマスターたちには評判が高くないように思います。というのもこれまで私は「江戸川グリーンパレスって本当に素敵!」とか「また江戸川グリーンパレスでやりたいね。」という声を聞いたことがなく、かえって「えー、また新小岩でやるの?どこかもうちょっとましなところはないの?」という声ばかりを聞きます。

なぜ江戸川グリーンパレスなのでしょうか?もっとましなところはないのでしょうか? 

私は、予算、交通アクセス、予約の取りやすさ、使い勝手のよさなど総合的に見ると、江戸川グリーンパレスというのは私たちの身の丈にあったもっとも手ごろでバランスの取れた会場だと思います。

Fall Conferenceに要求されるのは次のものです。
- 二日間にわたってイベントができる会場。
- 最大で200人を収容できる会場。
- 全国のトーストマスターズがアクセスしやすいこと。
- 身の丈にあった参加費(一人1000円から1500円)が設定できること。

私は、2005年度のD76Fall Conference実行委員会のコアメンバーとして身をおいて、さまざまな角度からの会場選定を経験してそのことを身にしみて理解しています。私の経験を紹介させてください。

★予算
秋季コンテストが一コンテストあたり1500円でできるのも、今回のような大会を二日間やっても江戸川グリーンパレスに払う会場費用は70,000円以内に収まるからなのです。都内には4時間で5万円というホールもありますからね。
今回使った会場は、メイン会場だけでなく控え室も二部屋程度押さえてありますから、それらを入れてもこの値段とは安いです。
全国大会ですから、熊本や札幌からもメンバーが来ますが、この人たちの交通費負担は莫大です。これに加えてたとえばコンテストが6000円もしたら、それはもう気の毒です。6000円といえばプロの講演会、コンサートの料金です。やはりわれわれの身の丈を考えると1500円あるいはそれ以下が妥当なところかと思います。

★予約の取りやすさ
10月、11月はトーストマスターズだけでなくピアノなどの音楽系サークル、踊りやバレエなどのパフォーマンス系などの文化団体の発表会の時期でもあります。スピーチも一種のパフォーミングアートですから、音楽、ダンス系の団体が競争相手となります。安く、イメージがよく、交通アクセスのよい会場は彼らも狙っており競争率が非常に高くなります。一日だけでも押さえるのは至難の業なのに、二日連続となるとほとんど不可能ですね。
昨年の5月某日。6ヵ月後に控えたFall Conferenceのために横浜の開港記念会館の大ホールの予約に行きました。
驚いたことに、朝9時からの抽選に11団体参加していました。しかも抽選は一日分で、二日にわたって行われるFall Conferenceの会場を二日連続で押さえるには、二日並んで10倍以上の競争率をともに勝ち抜かねばなりません。一日分を予約できる確率を10分の1(10団体が競合するとして)とすれば、二日連続勝つ確率は100分の1ですからね。さて、この日のくじ引きの結果は?もちろんかすりもしませんでした。

★交通アクセス
新小岩は、東京駅からも20分、羽田空港から40分ですので、関東以外から新幹線、飛行機で来るメンバーにとって悪くありません。

★使い勝手のよさ
江戸川グリーンパレスは、同じ会場でそのまま続けてパーティーもできますし、弁当も頼めます。周りにあまりよい飲食店がないことを考えると、とてもコンパクトに飲食つきのイベントができます。また東京都江戸川区の公共施設ですから、マイク、液晶プロジェクターなどの利用も大変安価です。

------------
以上を考えると、なぜ最近5年間での江戸川グリーンパレスの利用が突出しているかお分かりいただけると思います。

正直言って、私は個人的には国公立大学が会場として使えたらなと思いますが、予算、交通アクセス、予約の取りやすさ、使い勝手を考えると難しいかもしれませんね。
江戸川グリーンパレスは、現在の我々D76のトーストマスターズのニーズ、身の丈にとてもよく合う会場なのです。

補足「なぜ二日間なのか?一日でできないのか?」
Fall Conferenceで行うとされている行事は次の通りです。
--- D76 Executive Committee Meeting (必須:120分)
--- XXワークショップ (必須に近い:60分)
--- D76 日本語XXコンテスト決勝(必須:120分)
--- パーティー(あったほうがよい:120分)
--- XX Workshop  (必須に近い:60分)
--- D76 English XX Speech Contest(必須:120分)
--- D76 Hall of Fame (必須:60分)
--- D76 Council Meeting (必須:120分)
=============================================
合計すると食事を含まずに、12時間を超えるイベントとなり、関東で行う場合、関東以外の参加者にこのスケジュールを強いるのは不可能と思います。

|

« 第82話:究極のBody Language「エアギター(Air Guitar)」 | Main | 第84話:Webサイトについて考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第82話:究極のBody Language「エアギター(Air Guitar)」 | Main | 第84話:Webサイトについて考える »