« February 2007 | Main | May 2007 »

March 2007

第99話:こんなの欲しかった「Toastmaster Timer1.1」

第99話も、第98話に引き続き優れたフリーソフトの話です。

スピーチを練習していていつも思うのは、「青、黄、赤」が自分のスピーチのどのタイミングででるかがわからないということです。

ストップウォッチでは、結局スピーチ全体で何分何秒かかったかしかわかりませんからね。

5分になったら青、6分になったら黄色、7分になったら赤を出してくれるストップウォッチがあればいいなとおもってGoogleで検索したら、オーストラリアのあるトーストマスターさんがWindowsパソコンで動くトーストマスター用のストップウォッチのソフトを開発、無料公開していることを見つけました。

ソフトの名前はToastmaster Timer 1.1です。

[Toastmaster Timer 1.1]

さっそくダウンロードして使ってみたら使い方も簡単でとても便利でした。

時間も自由に設定できるので、Table Topics用、Evaluation用、Basic Manual Project 10用のようにスピーチの用途に応じて変えられるのも便利です。緑、黄色、赤が出るたびに「ピッ」とお知らせを出すこと(もちろん出さないこと)も可能です。

ただし、時間を記録する機能はありません。

自分のスピーチのどのあたりで、緑が点灯して、黄色が点灯して、赤が点灯すれば、自分のスピーチの途中で、タイムオーバーになりそうなことも予測できるので、とても便利だと思います。コンテストに向けての練習にとても重宝します。

ダウンロードは、こちらです。

これを使いながら、だれか携帯電話で動くJAVA版の「Toastmaster Timer」を作ってくれないかな?とひそかに願いました。

| | Comments (2)

第98話:パソコンの操作をビデオで説明する

今日は、パソコンの操作をビデオで記録するソフトの紹介です。

CamStudio です。AVI形式やFlash形式に記録します。フリーソフトなのが嬉しいです。
(ただし、Windows NT, 2000, XP、Vistaのみのようです。)
YouTubeを使えば、友人や他のトーストマスターズの方と簡単に共有できます。

どのように使うか?(まず、現在の問題点)

  • 「DCPが現在何ポイントかどうやって確認するの?」
  • 「簡単だよ。Toastmasters InternationalのWebサイトに行って、それから、えーっとね、District Performanceって書いているところをクリックして、それからね、、、えーーっとね。、、、、、、今度マニュアル作るよ」
  • (数日後)
  • 「マニュアルまだかな?」
  • 「ごめん、ちょっと忙しくて。」

このように、パソコンの操作を口頭で「相手にわかってもらえるように」説明するのは、熟練したトーストマスターズであっても結構難しかったりします。
またマニュアルを作るのも、実際にやってみたら簡単な事も、結構ステップ数がかさんで面倒くさいです。

どのように使うか?(CamStudioで解決!)

  • 「DCPが現在何ポイントかどうやって確認するの?」
  • 「簡単だよ。Toastmasters InternationalのWebサイトに行って確認するんだけど、口で説明するのは大変だから、今度ビデオを見せるよ。」
  • (数日後)
  • 「ビデオができたから見てください。YouTubeにアップロードにしましたので、こちらのアドレスをクリックしてみて。http://www.youtube.com/watch?v=7Dh4uqBfF6k
  • 「なるほど。簡単!」

ちょっと解説(ビデオ作成からYouTubeに公開までの流れ)

  1. CamStudioを立ち上げます。
  2. Toastmastere InternationalのWebサイトに行きます。
  3. CamStudioで録画開始
  4. ビデオ完成
  5. YouTubeにアップロード(YouTubeのアカウントが必要)

※一言:

  • AVI形式だとファイルサイズが巨大(5MBとか)になりメールで送れないことが多々あります。そこでYouTubeを提案しています。
  • YouTubeで再生するときは、画質がクリアではないので、全画面で再生する事をお勧めします。

必要なもの

  1. Windowsパソコン(NT,2000,XP,Vistaのいずれか)
  2. CamStudio

※ビデオカメラなどは不要です。

CamStudioのダウンロード
こちらです。いくつかあります。

| | Comments (0)

第97話:スピーチの第一声

  • Good afternoon, ladies and gentlemen
  • Fellow Toastmasters, and welcome, guests!
  • Contest Chair, Distinguished guests, and my fellow Toastmasters.
  • 皆さん、こんにちは!

スピーチを始めるやり方はいろいろとありますが、最近この第一声がとても大事なことに気がつきました。

この第一声をうまくやると、その後のスピーチがとてもうまくいきます。第一声がうまくいく状態というのは、聞き手との間に信頼関係がうまれ、聞き手の武装を解除させ、リラックスさせた状態だと思います。

逆にこの第一声で「あ、緊張してる!」と気がついてしまうと、一気に血圧があがり、声が小さくなり、表情も硬くなり、スピーチ自体が「冷えて」しまいます。スピーチが冷えると、その冷えは聞き手に伝わり、どんどん冷えていきます。(これまで散々経験しました)

3月18日にスピーチをする機会があるのですが、現在の練習ではこの第一声を成功させるために次のことを行っています。

「この皆さんに聞いてもらいたくてたまらない。」というイメージトレーニング

実は今回のスピーチは自分でとても気に入っていて、聞き手の方に、本当に私の作るスピーチの世界の中に入っていただいて一緒に楽しんでいただきたいと思っています。その気持ちを第一声にこめたいと思います。

「皆さんのことを大好きである。」という気持ちになるイメージトレーニング

自分の時間は楽しくすごしたいものです。楽しく過ごすには、好きな人たちと過ごすのが一番です。それがスピーチであればなおさらです。第一声に私の気持ちをこめて、この一言で信頼関係を築きたいのです。

この二つのイメージトレーニングがうまくいくと、私自身練習とはいえとても楽しい気持ちになり、声が明るくなり、スピーチに対する集中力も増し、スピーチをし終わった後で、「楽しかった」という気持ちが増します。逆にこのことを意識せずにただしゃべった場合は、途中で気持ちが乗らなくて練習をやめてしまうことがあります。

このイメージトレーニングをうまくやって、練習も本番も同じくらい楽しい気持ちでやってみたいと思います。

| | Comments (0)

第96話:トーストマスターズの「こころ」

クラブの使命

トーストマスターズクラブの使命とは、お互いに助け合い、積極的に学習する環境を提供することにあります。その環境の中で会員一人ひとりがコミュニケーションとリーダーシップの技術を磨く機会をもち、そのなかで個人の自信と成長が涵養されるのです。

(The Mission of the Clubの翻訳:原典はこちら

トーストマスターズの80年の歴史の中で培われた膨大な教育プログラム、ノウハウもつまるところこの「クラブの使命」、「国際本部の使命」、「ディスリクトの使命」、そして「トーストマスターズのあるべき姿(The Vision of Toastmasters International)」に根っこを置いていると信じています。そのうえに「トーストマスターズの約束(Toastmaster's Promise)」があり、そこから教育プログラムが菩提樹のように枝を拡げ世界に伸びて行っているのだと思います。

このトーストマスターズの「こころ」とも呼べるクラブの使命に思いを新たにして、気持ちをリセットしてがんばっていきたいと思います。

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | May 2007 »