« 第98話:パソコンの操作をビデオで説明する | Main | 第100話:スピーチ健康法 »

第99話:こんなの欲しかった「Toastmaster Timer1.1」

第99話も、第98話に引き続き優れたフリーソフトの話です。

スピーチを練習していていつも思うのは、「青、黄、赤」が自分のスピーチのどのタイミングででるかがわからないということです。

ストップウォッチでは、結局スピーチ全体で何分何秒かかったかしかわかりませんからね。

5分になったら青、6分になったら黄色、7分になったら赤を出してくれるストップウォッチがあればいいなとおもってGoogleで検索したら、オーストラリアのあるトーストマスターさんがWindowsパソコンで動くトーストマスター用のストップウォッチのソフトを開発、無料公開していることを見つけました。

ソフトの名前はToastmaster Timer 1.1です。

[Toastmaster Timer 1.1]

さっそくダウンロードして使ってみたら使い方も簡単でとても便利でした。

時間も自由に設定できるので、Table Topics用、Evaluation用、Basic Manual Project 10用のようにスピーチの用途に応じて変えられるのも便利です。緑、黄色、赤が出るたびに「ピッ」とお知らせを出すこと(もちろん出さないこと)も可能です。

ただし、時間を記録する機能はありません。

自分のスピーチのどのあたりで、緑が点灯して、黄色が点灯して、赤が点灯すれば、自分のスピーチの途中で、タイムオーバーになりそうなことも予測できるので、とても便利だと思います。コンテストに向けての練習にとても重宝します。

ダウンロードは、こちらです。

これを使いながら、だれか携帯電話で動くJAVA版の「Toastmaster Timer」を作ってくれないかな?とひそかに願いました。

|

« 第98話:パソコンの操作をビデオで説明する | Main | 第100話:スピーチ健康法 »

Comments

タイマーソフトの紹介ありがとうございます。私もいつか自分でプログラムを組んで作ってみようとは思っていました。ハードで自作タイマを作っている方は何人かおられますが、ソフトのみで自作された方は、私の知る限りでは春日井の嶋田さんくらいですね。数年前のコンテストで液晶プロジェクタで投影して、コンテスト用タイマーとして使っていました。ご紹介のソフトは例会で使えそうですね。

Posted by: h2o'hara | March 19, 2007 at 12:48 PM

タイマーはスピーチ練習に必須ですね。私がウェブで見つけたものはCentral ToastmastersのSpeech Timerです。東さんがダウンロードされたものと同じようなもので、とても役立っています。前回のスピーチの練習は早い段階からタイマーを使って練習しました。お陰でイエローカードが出ても慌てることなく最後までスピーチすることが出来ました。自分で分かっていたからです。イエローカードからレッドーカードまでどれだけ喋れるかを。ウェブにあったアドバイスも参考になりました。たとえば、7分のスピーチなら練習の段階で6分30秒内に収まるように練習する。あるいは原稿自体を短くする。どんなにうまく言えても、練習段階での6分30秒は守るべき時間とのことです。それを忠実に守ったお陰で7分ちょうどでスピーチを終えることが出来ました。タイマー様々です。

Posted by: Masako Saneshige | May 18, 2007 at 05:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第98話:パソコンの操作をビデオで説明する | Main | 第100話:スピーチ健康法 »