« 第100話:スピーチ健康法 | Main | 第102話:Subsidiary Motionの誘惑 »

第101話:うれしい! うれしい! うれしい!

  • パーキンスさん:原稿を何度も見て文法チェック、良い言い回しの提案をしてくれてありがとうございます。with her eyes piercing into my soul!  最高の表現です。
  • CBさん:いつもプロの視点での建設的な提案をありがとうございました。つい勝ちを意識して変更したスピーチに対して「説教臭い!」というストレートなコメントをいただいたことも改善につながりました。ぜひまたディベートも教えて下さい。
  • ふくちゃん:東京インターナショナルクラブでの論評をありがとう。だらしない左手について言及してくれたのはふくちゃんだけでした。Body Movementの改善のヒントになりました。
  • あみちゃん:東京インターナショナルクラブでのスピーチの機会、そして超多忙な中約束どおりフィードバックをありがとう。昨年11月3日のやまのての例会で私が遊び半分でやった「養老の滝映画祭~~」のスピーチに対してあみちゃんがくれたフィードバックで、スピーチの作り方ではずしてはならないポイントについてようやくわかりました。目からうろこが落ちた思いでした。
  • いずみさん:長年のライバルですが、いつもイロイロな事を教えてくださいます。「もっとユーモアを!」「今日のスピーチは自己採点で何点だった?」「ハヘホナウ」。今回のスピーチは、ユーモアも、ハヘホナウもいっぱい入れました。
  • やながわさん:東京インターナショナルクラブでの私のスピーチの中のOver the rainbowに拍手を下さってありがとうございます。
  • Peter(上海People's Square TMC):5月15日の貴クラブの例会でスピーチをやらせてくれてありがとうございました。
  • Lucy(上海People's Square TMC):5月15日の貴クラブの例会で私のEvaluationをありがとうございました。「メッセージがぶれる」という指摘のおかげでスピーチの中のメッセージの一貫性が増しました。
  • John Warwik (上海People's Square TMC):5月15日の貴クラブの例会で私のスピーチへのフィードバックをありがとうございました。「メッセージがわからない」という正直な指摘のおかげで私の迷いが覚めました。
  • アンサドホンジョさん:4月22日のDivisionCコンテストで、スピーチの流れがわかりにくい、終わりがうるさく聞こえるとのコメントをありがとうございます。このコメントがなければ目覚める事がなかったと思います。
  • ジェイソン・ヤンさん:4月22日のDivisionCコンテストでメッセージをもっと重いものにしたほうが良いとアドバイスをしてくれました。ジェイソンのスピーチもすばらしい内容でした。
  • あさいさん:コンテスト直前にハグの練習をしようと、2002年の大阪でのスピーチコンテストのビデオを引っ張り出してあさいさんのハグスピーチを研究しました。途中で研究も忘れてスピーチに見入ってしまいました。いつも示唆に富むアドバイスをありがとうございます。
  • エリア33・ディビジョンCスピーチコンテストで私にフィードバックを下さった皆さん:皆さんの小さな一言一言が励みになり改善につながりました。
  • リンダ・ウィティッグさん:4月22日のDivision Cコンテストでのあなたの大笑いは本当に励まされました。2001年秋の横浜でのEvaluation Contestで、私のTest Speechを本当に楽しんで効いてくれてありがとう。あなたがあそこにいなければ一年程度でトーストマスターズを辞めていました。
  • 末安さん:胃の手術のあとの大変な中での応援をありがとうございました。リハビリ中の末安さんに、日本語二位のパーキンスさんともども吉報を届ける事ができまして親孝行をしたような気持ちです。
  • 和田さん、白井さん、小野さん、渡辺さん、中村さん、牛島さん、横本さん:ご多忙中に代々木まで応援に来てくださりありがとうございました。皆さんと一緒にコンテストのステージで記念写真が撮影できて最高に嬉しかったです。
  • 大和バイリンガルのメンバーの皆さん:クラブ内での練習でいろいろなコメントを下さりありがとうございました。5月12日の例会で、本当に良いコメントを頂きました。おかげさまで「A Drop of Water」スピーチをやめることにしオリジナル路線に戻す意思決定につながりました。
  • お母さん:スピーチに勝手に登場していただきました。私のことをいかに愛してくれていたか、35年以上の月日を越えた今になってようやくわかりました。今日のスピーチの最中に思い出して一瞬うるうるしてしまいました。
  • 息子達:スピーチのネタで登場してくれました。いつもネタの提供をありがとう。
  • あきちゃん:この7年間、土日の家族の行事よりもトーストマスターズを優先してごめんね。そしてわがままな夫のトーストマスターズをサポートしてくれてありがとう。

井上さんのBonji Tetteiを聞いて「こんなスピーチで聴衆を笑わせて全国大会で優勝したい。」と思ったのが2001年5月のAll Japan Speech Contest。それから6年かかって私も優勝できました。

|

« 第100話:スピーチ健康法 | Main | 第102話:Subsidiary Motionの誘惑 »

Comments

失念された浅井です(笑)
優勝おめでとうございます。
盟友(同志?)の優勝は私にとっても誇りです。
いつか追いつけるように、私も頑張らなくては。

Posted by: 浅井 | May 21, 2007 at 05:47 PM

おめでとうございます。客席の聴衆として聞かせていただきました。影にこんなに多くの方の支えがあったんですね。アメリカでは思う存分 express yourself して楽しんできていただきたいと思います。

Posted by: TMKF@FTMC | May 21, 2007 at 10:59 PM

今年はOrganizerの一人として舞台の袖から拝見していました。
優勝おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
また同じ舞台で競演できるのを楽しみにしています。
アメリカでも聴衆の皆さんを大いに笑わせてきてください。
期待しています。

Posted by: MarkⅡ | May 23, 2007 at 12:53 AM

遅ればせながら、優勝おめでとうございます。私も会場におりまして、雄姿を拝見いたしました。
東さんが世界コンテストに出場されるなんて(その前日に前段階のコンテストがあるのでしたっけ?)、何て素晴らしんいでしょう。私もPhoenixに行ってみたくなりました。いつも世界大会に行きたいなーと思うのですが、行けたためしがありません。今年もダメそうですが、世界コンテストのDVDとCDは買って絶対聞きますよ!楽しんで来て下さいね。

Posted by: TT | June 10, 2007 at 09:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第100話:スピーチ健康法 | Main | 第102話:Subsidiary Motionの誘惑 »