« 第104話:「I Love You」スピーチでの学び | Main | 第106話:虹の彼方から。虹の彼方へ。 »

第105話:「I Love You」スピーチの原稿

この2.5ヶ月本当に苦労し、本当に楽しませてもらった「I Love You」スピーチです。忘れてしまう前に、ここに原稿をアップロードし締めくくりたいと思います。(こちらをクリック

  • もともと「Father to Son」というタイトルで、それほど強い一貫性のあるメッセージを持つスピーチとして作ったわけでなく、楽しみながらそのとき言いたいことも盛り込もうくらいの軽い気持ちでした。
  • 冒頭の想像の世界のストーリーは、一週間前に「Father to Son」を全面的に改変して作った「A Drop of Water」のスピーチで削除したのですが、やはりどうしてもこの部分は好きだったので復活させました。この部分はメッセージとはほとんど関係なくいまだに意味不明との質問をうけますが、ご指摘のとおりあまり意味はありません。

Vocal Varietyとゼスチャーに関して持っている技法を総動員してこのスピーチを作り上げたことは本当に良い経験でした。やるだけのことをやったという自負があります。

反面、やはり論理の一貫性に弱い、メッセージがゆれる、わかりにくいという弱点も本当に皆さんのおっしゃるとおりで、現在8月14日のInter-districtに向けて準備しているスピーチはまず今自分のいいたいこと(メッセージ)を探すところからスタートしています。台湾の日本語クラブのメンバーのLydiaさんからもらった手帳をネタ帳として使っていて、結構ネタもたまってきました。

|

« 第104話:「I Love You」スピーチでの学び | Main | 第106話:虹の彼方から。虹の彼方へ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第104話:「I Love You」スピーチでの学び | Main | 第106話:虹の彼方から。虹の彼方へ。 »