« 第110話:Inter-District用スピーチの練習@東京インターナショナルクラブ | Main | 第112話:The Toastmasters Vision »

第111話:Inter-District用スピーチの練習@青山ランチクラブ

さて、本日7月3日(火)は東京港区青山の青山ランチクラブで練習する機会をいただきました。カナダ大使館ビルの地下にあるCity Club of Tokyoという瀟洒なレストラン(というかクラブというのか)のHudson Roomでランチを楽しみながら例会を行うクラブです。

青山ランチクラブの皆さんのご厚意で、6月27日の東京インターナショナルクラブバージョンに改良を加えたバージョンを発表させていただきました。スピーチが終わると昨年度VPEの小林さんの司会でFeedback Sessionをとっていただきました。

この日のバージョンは、音楽に例えれば作曲が終わったばかりの段階。バンド用のアレンジもオーケストラ用のアレンジもまったくない素のままの状態です。小林さんにはあらかじめメンバーにフィードバック用のフォームを配布していただいています。

「フィードバックフォーム」をダウンロード

I LOVE YOUもそうでしたが、このFeedbackは貴重な情報の宝庫です。いただいたコメントを深く読んで咀嚼すれば必ず役に立つのです。

さて、その前に今日のスピーチは、7分51秒でした。スピーチにまだ多く盛り込みすぎていて、かつ練習が不足している証拠です。(今数えたら929語でした。昨日の朝は750語だったのにいつの間にか膨らんでいる。)

さて、いただいたコメントの中のRoom For Improvementだけをご紹介します。(青山ランチの親切な皆さんの名誉のために申し上げますが、Positiveなコメントもとても多く大変うれしく思っています

=========================================================================

左手は良く使っていたが、右手がうまく使えていなかった。

  • おっしゃるとおりです。満遍なく使うようBody Movementをきっちり設計します。(優先度 中)

Shoutしているように聞こえたことが何度かあった。

  • うーん。私の声は大きいんですが適切にコントロールすることが必要みたいですね。実は4月22日のDivision Cコンテストで、同じコメントをある方からいただきました。もう少し注意を払います。(優先度 中)

Nativeに文法チェックを頼んだ方がよい。(例:20,000 dollar => 20,000 dollars / 3 hours sugery => 3 hour surgery)

  • おっしゃるとおりです。お願いすることにします。(優先度 中から高)

発音に注意!(maneuver、cracking)

  • おっしゃるとおりです。改善します。(優先度 中から高)

冒頭のストーリーがConclusionおよびCore Messageにどのように結びつくのかわからない。

  • そうなのですよね。いろいろ盛り込みすぎて絞り込めていませんでした。改善します。(優先度 高)

最初のエピソードと二番目のエピソードのつながりが粗い

  • そうですね。考えます。(優先度 高)

メッセージがわかりにくい。

  • 自分でもまだひとつに絞り込めていませんでした。再度じっくり考えます。(優先度 高)

緊張しているように見えた。固かった。

  • もちろん練習不足もありますが、リラックスできないテーマにもあります。それがInter-Districtを意識しているからなのか、「勝ち」にこだわりすぎているのか、まだわかりませんが、もっと自分が楽しく演じられる内容にしていきます。(優先度 高)

声のスピードを場面によって切り替えるとよい

  • そうですね。設計に反映します。(優先度 中)

コアになるキーワードは繰り返したほうが良い。

  • おっしゃるとおりです。World Championship of Public Speakingのビデオを見ていてもそう感じます。コアになるキーワードを繰り返すことで、Conclusionへの移行がスムーズになるように思います。(優先度 高)

優先順位の基準は、内容に関するものは「高」、言語に関するものは「中から高」、声や身振りに関するものは「中」としています。

東京にあるトーストマスターズクラブは平日に例会をされているクラブが多いので、練習させていただけるようにこれからお願いをしていくつもりです。

最後に、青山ランチクラブの皆さん。本日は練習する機会をいただき、またフィードバックをいただき本当にありがとうございました。

|

« 第110話:Inter-District用スピーチの練習@東京インターナショナルクラブ | Main | 第112話:The Toastmasters Vision »

Comments

Inter-District用のスピーチ"A Mantra"ってどんなスピーチなのでしょうね。東京在住でないのが悔やまれます。日本代表も楽ではないですね。あちこちに出稽古に行き、いっぱい擦り傷を作りながら、手厳しくも暖かい稽古をつけて下さった方々に報おうとしていらっしゃるのですね。がんばれ!がんばれ!がんばれ!
そうそう、擦り傷には赤チンとバンドエイドですよ!

Posted by: 水色式部 | July 09, 2007 at 12:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第110話:Inter-District用スピーチの練習@東京インターナショナルクラブ | Main | 第112話:The Toastmasters Vision »