« 第117話:Inter-District B準備状況 (7月29日現在) | Main | 第119話:ノってきた! »

第118話:ビデオ録画で見えてくるもの

今日はビデオにとって自分のスピーチを点検してみました。

いやはや、ひどいものです。しかしこの「ひどさ」こそがRoom For Improvementなのですから、厳粛に受け止めて粛々と治していくしかありません。

①Body 「Language」になっていない。

自分の体の動きがまだメッセージをサポートする動きになっていない。つまり、体をどう使うかの設計がないということですな。

②気になる「腕のぶらぶら」

とてもだらしなく見えます。どうやってとめるのか?きっと腕が自分の役割がわからないから、ひまそうにぶらぶらしているということですね。

ま、いろいろとありますが、要するにBody Languaugeの設計ができていない段階で分析しても無駄なので、もっときちんと動きを設計してみることにします。

設計といっても、図面を引くわけでもコンピューターグラフィクスを使うわけでもなく、原稿の横に動きを書き込んでいくだけの作業です。そしてこまめにビデオを撮ってみながら直していく作業をひたすら続けるということです。

2005年のWorld Championship of Public Speakingのビデオを見ていると、皆さん本当にすごい。主観的に、客観的に徹底的に練り上げた感じがします。

あそこまで仕上げたい。

|

« 第117話:Inter-District B準備状況 (7月29日現在) | Main | 第119話:ノってきた! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第117話:Inter-District B準備状況 (7月29日現在) | Main | 第119話:ノってきた! »