« 第112話:The Toastmasters Vision | Main | 第114話:Inter-District B準備状況 (7月15日現在) »

第113話:南青山で写真を撮る

2007 World Conventionの実行委員会(国際本部)から提出を求められているものの中に私の写真がありました。

「やっぱり、ちゃんと取らないといけないよな。」という気持ちもあり、日頃から様々にアドバイスをいただいているCBさんの推奨する南青山TAKUMI JUN Make-up Salonにて写真を撮ってきました。(出来上がった写真はこのブログのAboutという私のプロフィールを紹介するページに掲載してあります。)

結論

  • 評判どおりの素晴らしいお仕事でした。お願いして本当に良かったです。


学んだこと・良かった事・嬉しかった事

  • メークはしたほうが良い。「男がメークなんて。私のようなオッサンがメークなんて」と抵抗がありましたがTAKUMI JUN Make-up Salonの皆さんの強い勧めによりやってみました。眉毛もきちんと、きりりと描いて頂き、顔の色むらも撮影前に修正いただきました。南青山近辺のセレブなマダム達に混じってのメークはちょっと緊張しましたが、メークアップアーティストの菅沼さんと他愛のない話をしながらだんだんリラックスして行きました。
  • フォトグラファーの小原さんとの信頼関係があればこそこれほど満足のいく写真となったのだなと思いました。まず、事前打ち合わせで、こちらの目的を理解していただき、私の持参した紺のブレザーとグレーのジャケット、3本のネクタイから、「グレーのジャケット、レジメンタルタイが良い」とアドバイスしてくれ、かつ背景は「グレーでいきましょう!」と決めてくださいました。私はこのようなプロの方にお願いした事がなかったので、120%信頼してお任せしました。撮影中も様々にポーズを指示していただき頑張って従いましたが、撮影するごとにデジカメで写真を確認しながら「かっこいー」と嬉しいコメントを連発してくださったので、楽しい気持ちになっていきどんどんリラックスできました。30分から40分の撮影時間で100枚近く(もっと?)撮影したと思いますが、選んでいただいた40枚は思わず自分でも「うーむ」とうなってしまうほどのものばかりでした。「ほめる」というトーストマスターズで強調されているコミュニケーションスキルを自然に使っていらっしゃるところに感心しました。
  • 撮影後はCD-ROMに焼いていただいたのですが、待っている間にスタッフの萩原さん、和田さんとスピーチの話やコンテストの話をさせていただきとても楽しい時間を過ごす事ができました。


会計を済ませて
TAKUMI JUN Make-up Salonを後にするとき、皆さんが出口に並んで「世界大会頑張ってください!」と激励してくださいました。

TAKUMI JUN Make-up Salonの皆さんからいただいた力をエネルギーに頑張ってきます!

ありがとうございました。

|

« 第112話:The Toastmasters Vision | Main | 第114話:Inter-District B準備状況 (7月15日現在) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第112話:The Toastmasters Vision | Main | 第114話:Inter-District B準備状況 (7月15日現在) »