« 第147話:マイクテストをあなどるな | Main | 第149話:「4秒のタイムオーバーによる失格」という情報の取り扱いについて »

第148話:ヘッドセット型マイク登場

今年のWorld Championship of Public Speakingでは、ヘッドセット型のマイクをつけて登場したコンテスタントが何人もいました。

コンテストでのマイクといえば、98%がピンマイクと呼ばれるワイヤレスマイクで、1%がハンドマイク、残りの1%がマイクなしと思っていましたので、このヘッドセット型のマイクはとても新鮮に映りました。

ヘッドセット型のマイクのよいところは、マイクが自分の口のまん前にありますから、身振り手振りをしても雑音を拾いにくいところにあります。ピンマイクの場合、スピーチの最中に腕を動かしてうっかり自分の胸をたたく動作をした場合にかなりの雑音を拾いますから。

逆に今回、イヤリングがヘッドセット型マイクのアームの部分に当たって思わぬノイズを拾ってしまったケースを見ました。この方はコンテスタントではなくワークショップをされた人でしたが。

ともあれ、ヘッドセット型のマイクはとてもかっこよく見えました。

|

« 第147話:マイクテストをあなどるな | Main | 第149話:「4秒のタイムオーバーによる失格」という情報の取り扱いについて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第147話:マイクテストをあなどるな | Main | 第149話:「4秒のタイムオーバーによる失格」という情報の取り扱いについて »