« 第119話:ノってきた! | Main | 第121話:Key Force TMCでの練習(7月31日) »

第120話:まだ見ぬ「敵」、まだ見ぬ聴衆

7月31日にKey Force TMCにお邪魔して、Inter-District B用のスピーチとInternational用のスピーチ二本を披露させていただきました。同じ日に2本のスピーチをやるのは初めてですがタイムオーバーすることなく、自分ではまずまずの出来であったと思います。

現在の自分の体感では、二本ともDistrictスピーチコンテストレベルのできに仕上がっていると思います。つまり僭越な言い方をすれば、この二本はDistrictコンテストに出してもそこそこの評価をいただけるところまで来ていると思います。

しかしその先はまったく読めません。自分が経験したことのない世界だからです。私は、聴衆の反応にものすごく左右される人間ですからほぼ100%日本人がいないという聴衆がどのように反応するのかがまったくわからない。「笑い」がどこでとれるのか、取れないのか?「はへほなう」がどこで取れるのか。

自分と戦う、二人のオーストラリア人、ニュージーランド人、フィリピン人、アフリカ人、そしてシンガポールかタイか香港のいずれかの代表者。おそらくすごい迫力で来るか、静かにしかし深く迫ってくるのか、これも読めません。

そうなると結局自分がどこまで自分のスピーチに納得できるか、楽しめるか。つまり自分が7年間やってきたことを信じて、「よし、これでいける!」と確信が持てるかだけにかかっています。

5月20日のD76決勝で、私はスピーチの順番が自分に回ってくるのを心待ちにしていました。「I LOVE YOU」は自分でも納得していましたし、楽しめるスピーチでした。良い意味でも悪い意味でも私らしさが120%出ていたスピーチでした。

今、持っている二本のうちのInternational用は、結構自分らしさが出せているスピーチです。(しかし、強力な改善勧告もいただいております)肝心のInter-District用はまだ弱い。

明日8月4日は夕方からSun Riseで披露させていただきます。そしてあさっては厚木座間。

とにかくビデオ取りして少しでも前に進むしかないです。

Inter-Districtまであと12日。えらく早く眼が覚めてしまった朝でした。

|

« 第119話:ノってきた! | Main | 第121話:Key Force TMCでの練習(7月31日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第119話:ノってきた! | Main | 第121話:Key Force TMCでの練習(7月31日) »