« 第148話:ヘッドセット型マイク登場 | Main | 第150話:Phoenixでの買い物 »

第149話:「4秒のタイムオーバーによる失格」という情報の取り扱いについて

Inter-District Bコンテストの結果発表の前に「本日はタイムオーバーのコンテスタントがいる」旨のアナウンスがあった瞬間に、「あー、私かもしれないな」と思いました。ステージでスピーチをしている最中に赤が点灯したタイミングがいつもの練習でのタイミングと著しく異なっていたからです。

終了後、隣に座っていたコンテスタントと話していてその方が私のタイムオーバーをほのめかしてくれました。この方は赤が出てからの時間を測っていたのです。その後のパーティーで、私のスピーチの時間を知る立場にあった方に質問して自分が4秒タイムオーバーだったことを知りました。

今は、まことに得がたい経験をしたことを感謝しております。多くのすばらしいコンテスタントたちもタイムオーバーに泣き、それを克服してきていることを考えると本当に励まされます。ですから、最近は私は自分を敢えて「Mr. Timeover」と呼んで逆に励みとしております。

さて、前置きが長くなりましたが、私のタイムオーバーの経験、および4秒という時間の公表について何人かの方から「そういうことはあえて公表しないほうがよいのでは?」とのご忠告をいただきました。コンテストの結果は、1位、2位、3位の発表のみで、審査の過程、タイムオーバーなどについては一切発表されないからというのが理由です。しかしある英語圏のディストリクトの方からは「別にかまわない。」というコメントをいただきましたし、今回のFinal(決勝)に残ったスピーカーの方もTimeoverの経験を2000人の前でされていました。ちょっとくどくなりますが、念のためコンベンションで見かけたTMI(国際本部)のEducation担当のDirectorに「今回の自分のタイムオーバーの経験を前向きにとらえ、将来のスピーチやブログで、この4秒のタイムオーバーの経験を共有したいが問題ないか?」と質問したところ、問題ないとの返答をいただきました。

しかし念には念を入れて再度メールで確認しましたところ、「コンテスタントが自分の判断でタイムオーバーの情報を公開する分には問題ない」との回答を得ました。参考までに私の質問とTMI Educational Programmingからの回答を転載します。

【私の質問】

Dear Toastmasters International

My  name is Kiminari Azuma, an Inter-District B contestant who was disqualified for time over by 4 seconds.

This  was  really  a  painful  experience,  but  I  learned a lot from this experience  and  I  learned  a  lot of great speakers also had this painful Timeover  experiences before, and they got over and came to the excellence. I want to follow them.

I  am  thinking to share this experience with my fellow Toastmasters in and out  of  District  76,  and I talked with Dan at the Annual Convention if I could  share  this  with  the  fellow  members  on  my Blog or in my future speeches. He kindly agreed that I would do so.

But when I got back to Japan, and spoke with some folks here, and they said it  was  not advisable to do so, because judges ballot and contestants name who  disqualified  for  timeover  are  not  announced  and  disclosed. They recommend me to write email to TMI and get their views to this in writing.

This is how I came here.

Let me ask my questions again.

Can  I  share  my “timeover” experience at the Inter-District B with fellow Toastmasters and friends on my Blog or in my speech including future speech contests? I will do this from my good will.

Can I tell “4 seconds” also?

Thank you for your time and support.

Kiminari Azuma – District 76

【回答】

Hello, Kiminari.

You may reveal whatever you choose about your experience at the Interdistrict Speech Contest, including the timing experience.

We do recommend that contest officials not reveal anything regarding timing, judges' decisions, etc. However, a contestant may indeed choose to share his experience with others.

Sincerely,

Educational Programming


【補足:Judge's Code of Ethics】

採点用紙(Judge's Guide and Ballot)の裏に、Judge's Code of Ethicstがあります。

こちらには、ジャッジは採点結果や順位を公開してはならないとありますが、ここにスピーチの時間に関しての記述はありません。だからといって、もちろん積極的に各コンテスタントのスピーチの時間を公開する必要はありませんが、スピーチの時間に関してJudge's Code of Ethicsはなんら拘束しておりません。

Judge's Code of Ethics(抜粋)
3. Judges will suppot by word and deed the contest rules and judging standards, refraining from public criticism of the contest and revealing scores and ranking only in accorance with official policy.

|

« 第148話:ヘッドセット型マイク登場 | Main | 第150話:Phoenixでの買い物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第148話:ヘッドセット型マイク登場 | Main | 第150話:Phoenixでの買い物 »