« 第160話:Keynote Speechに挑戦 | Main | 第162話:英語やり直し大作戦 »

第161話:自分へのEvaluation

最近購入したSanyoの小型ビデオカメラXactiで自分のスピーチの練習、発表を録画しては「自分へのEvaluation」に使っています。最初は、自分の顔や声を目の当たりにすることへの抵抗感があったのですが慣れてくると、これがやはりとても有効であることに気がつきました。


とくに、つぎの点のチェックにはとてもありがたいです。

  • 英語スピーチの発音、Articulationのチェック。
  • Deliveryのチェック。
  • 間の取り方

一人で練習していてはなかなかわからないところがよくわかります。

本日のVideoは、10月7日(日)に八王子で行われたArea11 Evaluation Contest後に機会をいただいて行ったスピーチの録画ですが、いろいろと面白いことがわかりました。

全体的にリラックスして、笑顔も多く楽しくできたと思います。聞き手もそれなりに巻き込むことができてよかったと思います。

さて、自分へのRoom For Improvementです。

  • 間:自分では長すぎたと思ったところが長くない。
  • 間:Videoを見て初めて「あ、ここは間が必要だ」と気づいたところがあった。(例:J.A. Gamacheとの出会い)
  • 体:自分では大きく手を動かしたと思ったところが、それほどでもない。
  • 視線:やはり向かって左(聴衆の席で言うと右側)に偏りがち。生来の左利きだから?
  • 視線:Eye Contactをとって聞き手からはずすのが早すぎるときが多い。
  • 声:もう少しVocal Varieryに工夫が必要。このスピーチはKeynote Addressをベースにしているので、それほど「暴れる」必要はないと思うが、それでもちょっと一本調子。I want to see the landscape beyond the horizon, I want to see the next landscape beyond the next horizon!と繰り返すところはもっと明確なクレッシェンドが必要。

自分のスピーチの品質に関する責任は最終的には自分にあります。仲間の皆さんにフィードバックをいただく前に、自分でできることはできるだけ自分でやっておくためにも、このVideoでの「自分へのEvaluation」は大事だと思いました。

 

 

録画(Google Video: 18分31秒)

|

« 第160話:Keynote Speechに挑戦 | Main | 第162話:英語やり直し大作戦 »

Comments

動画が見れない状態になっている気がしますが、気のせいでしょうか?
Google ChromeとLunascapeではうまく見れませんでした。

ぜひ参考にしたいので、もし良ければ見方を教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Posted by: ムライナ | September 21, 2013 at 11:20 PM

ムライナさん、ありがとうございます。このリンクですが、今は亡きGoogle Videoを使っていました。Google Videoがサービスを廃止したのと同じタイミングでこのビデオも廃棄されてしまったようです。残念ですが、もうありません。。。。論評は大変奥が深くじっくりといろいろな論評を見ながら学んでいかれるのが良いと思います。その向学心をもってすればきっと上達しますよ!頑張ってください。

Posted by: あずま | September 22, 2013 at 06:35 AM

あずまさん、返信ありがとうございます。

残念ですが、もう見れないんですね、、、
日本語のとても上手なスピーチを見る機会は非常に少ないので、本当に残念です。

アドバイス通り色々なスピーチや論評を拝見しながら成長していこうと思います。

激励ありがとうございます。これからも頑張ろうと思います。


ありがとうございました。

Posted by: ムライナ | September 22, 2013 at 09:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第160話:Keynote Speechに挑戦 | Main | 第162話:英語やり直し大作戦 »