« 第166話:セックスと政治と宗教と | Main | 第168話:ロビン・ウィリアムズのすごさ »

第167話:「英語やり直し大作戦」の効果

第162話:英語やり直し大作戦」で取り上げた4冊のほんのうちの一冊であるどんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) (単行本)  森沢洋介 (著) の効果が出てきているように思います。

とりあえず信じて中学1年レベルの英語から瞬間英作文の練習を始めてそろそろ一ヶ月で、現在中学2年生のところまで来ています。「兄が辞書をくれた」をぱっと見て、My brother gave me a dictionary. と口で作文する。そんな練習を繰り返しているわけです。

そうすると面白いもので、最近あまり考えなくてもぱっと英語の文章が出てくるようになりました。また中学レベルの文法での迷いもなくなってきました。迷いがなくなると自信をもって考えを口にできるようになりそれが好循環を生んでいるように思います。

この迷いですが、けっこうレベルの低いところで悩んでいました。

たとえば、アメリカ人と話をしているときに、「ハリスバーグにはプロの野球チームはあるの?」という文章を話そうとして、やり直し作戦を始める前は、まずAre thereでいいのか、それともDo you haveなのか、迷っていました。迷うと話すタイミングを失って沈黙ができてしまい、なんか話を続ける気持ちがさめてしまうようなことが悩みになっていました。

しかし、現在はAre there any professional baseball teams in Harrisburg? と迷いなく言えるようになって来ました。

中学で英語を学んでから結構な歳月がたちますが、その長い年月の間に基礎(土台)が朽ちてきて自信がなくなってさらに基礎が朽ちるという悪循環に陥っていましたが、もういちど基礎をしっかりさせると、不思議なもので自信が戻ってきました。

出張先の台湾にも持参して、朝出勤前に15分ほどMy mother made me some cockiesなんてやっています。

Back to the Basicsとはよく言ったものです。

|

« 第166話:セックスと政治と宗教と | Main | 第168話:ロビン・ウィリアムズのすごさ »

Comments

自信が戻ってきたそうで、おめでとうございます。
ご紹介の本、面白そうですね。明日あたり本屋に行ってしまいそうです。
私も、今テッテー的に英語のやり直しを図っています。
英語学習オタクで、「もし英語ができるようになったら趣味がなくなっちゃう!?」と懸念しておりましたが、次は韓国語に行ってみようと決めました。これで心おきなく英語をマスターできます。
おたがいがんばりましょう♪

Posted by: Hasegawa | October 25, 2007 at 12:06 AM

継続は力なりですね。分かってはいるのですが、中々続けられない私です。『松本亨 英作全集』全10巻を一念発起して購入したのはいつのことやら。3巻辺りでしり切れトンボになっていましたが、10月10日からまた再開しています。”力”になるまで継続できるかどうか。
発音では苦労している同士(?)から、ご紹介したいサイトがあります。「アイオワ大学の理想の発音教材」http://www.xucker.jpn.org/english/uiowa_edu.htmlです。一度、覗いて見てください。

Posted by: 水色式部 | October 27, 2007 at 10:33 PM

Azumaさん、こんにちは。
神奈川TMCに在籍していたYAKOと申します。
以前のAzumaさんのスピーチは大変参考になる&動機付けになるものでした。

「在籍していた」と過去形なのは、4月からアメリカに転勤となってしまったためです。
田舎に転勤となったために、日本語トーストクラブが無く、英語のトーストクラブしかない状態です。

英語がペラペラならその英語クラブに入れば良いのですが、
日本にいたときもバイリンガルクラブには近寄りもしなかった程度、つまりは片言状態です。

GrammerianやEvaluaterは到底無理で、TableTopicsのお題を理解するもの苦労する状態です。

ESLなどで英語が上達してから入ろうと思っているのですが、見学したクラブのPresidentが今すぐ入った方が上達が早いだろうと薦めてきます。ただ、私が入ると例会の質が落ちる気がして迷っている状態です。

Azumaさんが最初に英語クラブに入ったときに、Table Topics、Speech,Evaluaterをどのようにやったのか。
どれくらい英語が上達してからクラブに参加すると良いか、コメントいただけませんか。

Posted by: Yako | May 04, 2009 at 05:26 AM

YAKOさん

いらっしゃいませ。アメリカに転勤ですか!それはうらやましい。英語を勉強するには(したいのであれば)最高の環境ですね。私はアメリカは出張(仕事&TMC)でしか行った事がないので、とてもうらやましいです。ぜひ、私の分も、、、、でもやはりYAKOさんのために楽しみつくしてください。

さて、アメリカのトーストマスターズクラブ!敷居が高いですよね。参加もいやになるでしょうね。

でも、

「ただ、私が入ると例会の質が落ちる気がして迷っている状態です。」などとはお考えにならないほうが良いと思いますよ。YAKOさんの入会で例会の質が落ちるようなクラブならば入らないほうが良いと思います。どんな人であろうがやる気がある人であればうまく取り込むクラブがきっと良いクラブだと思います。

「ESLなどで英語が上達してから入ろうと思っているのですが、見学したクラブのPresidentが今すぐ入った方が上達が早いだろうと薦めてきます。」

このPresidentさんはよいポイントをついていると思います。トーストマスターズという観点でだけ見れば、もし地元のTMCを楽しみたければ、そのクラブの中での上達を目指したほうが良いでしょう。ESLや他の場所で英語を磨いてからTMCというのでは、回り道だと思います。

4月ですよね。転勤されたのは。今ごろいろいろな不安が出ていると思います。でも、石の上にも3年の言葉のとおり、7月くらいまでがんばって続けてみてはいかがでしょうか? もちろんTTやEV, GEは厳しいと思いますが、がんばってはいかがでしょうか?Presidentさんのサポートもあるようですし。

「Azumaさんが最初に英語クラブに入ったときに、Table Topics、Speech,Evaluaterをどのようにやったのか。」

2000年ころに厚木座間に入会しましたが、なんか無我夢中でめちゃくちゃでしたね。

「どれくらい英語が上達してからクラブに参加すると良いか、コメントいただけませんか。」

よかったらSkypeしませんか?

Skype名は、tmazumaです。

よろしくお願いします。

Posted by: azuma | May 04, 2009 at 04:47 PM

Azumaさん
ご返事ありがとうございます。

まだ、参加の表明はしていないのですが、なぜか次回の例会のTableTopicMasterをやることになってしまいました(笑)

私がToastmastersをはじめた時は、アメリカに転勤などまったく想像していませんでした。日本語のスピーチ練習のための活動が、アメリカでの現地コミュニティとのコネクションとなるとは!?
おそらく、日本からの出向者の中で一番地元の人たちを知っているのではないだろうか(笑)。いきなり日本からAlbanyというアメリカの田舎にやってきて、一月で10数人の知り合いが出来るというのは凄いことだと思いました。
この利点を生かさない手は無いと思うので、TMの活動自体はいつか始めたい。

ついでに、今年の世界大会の会場も車で3時間と近いので、その見学も行きたい。

その意味で、すばらしい環境にいるとは思います、英語が出来ればですが。

Skypeは早速追加させていただきました。ただ、時間帯が合わせにくいと思います。時差13時間ありますので。。

Posted by: Yako | May 08, 2009 at 11:36 AM

Skypeありがとうございました。
Albany近郊はケーブルテレビでネットをつなぐのですが、しょっちゅう切れて困っています。
調子が良いときは日本と通話も出来るのですが、
今日は駄目みたいです。

Posted by: Yako | May 08, 2009 at 11:53 AM

Yakoさん

とりあえずSkypeで話ができましたね。英語に自信がない状態でアメリカに赴任されしかも日本人がまるっきりいない環境でさぞかし大変でしょう。

自分がそうなったらどうなるのか?多少英語ができてもやはり不安です。

不安ですがやるしかないのできっとやるでしょう。Yakoさんも同じだと思います。

どうか、修行だと思ってがんばってください。

メールアドレスを教えてくださればいいものをお送りします。PXP05102@gmail.com までメールをください。

Posted by: azuma | May 08, 2009 at 09:30 PM

メールを送らせていただきました。
神奈川TMC宛てにアメリカでのTM活動レポートを送っているのですが、今後はAzumaさんにも送付させてください。

Posted by: Yako | May 13, 2009 at 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第166話:セックスと政治と宗教と | Main | 第168話:ロビン・ウィリアムズのすごさ »