« 第172話:Inter-District Bの自分のスピーチと向き合う | Main | 第174話:"Motivate, Motivate, and Motivate" My evaluation workshop at the D76 Fall Conference on Nov. 18 »

第173話:いまさらながら「Evaluationのコツというか基本」

昨日(11月24日)の大和バイリンガルクラブ例会で、私はIceBreaking Speech(Project1、英語)を行うメンバーの論評者でした。

IceBreakingでのフィードバックは、大げさに聞こえるかもしれませんが、「その人のその後のトーストマスターとして進む方向を決める」大事なものと思っています。ですから、Basic Manualを引っ張り出して再度読み直しました。

なるほど、こんなことが書いてあるのかと新たな発見もありましたが、その中には恥ずかしい話ですが、今回トーストマスター8年目で初めて気づいたことがありました。

それはNOTE TO THE EVALUATORです。ここには7行ほどでEvaluatorが何にポイントを置いてEvaluationすればよいかが簡潔に書かれています。

たとえばIce Breakerの場合は次のようになっています。

”In this speech the new member is to introduce himself/herself to the club and beging speaking before an audience. The speech should have a clear beggining, body and ending. The speaker has been advised to use notes if necessary and not to be concered with body language. Be encouriaging and point out the speaker's strong points while gently and kindly mentioning areas that could be improved. Strive to have the speaker look forward to giving another speech. Your evaluation should help the speaker feel glad about joining Toastmasters and presenting this speech. In addition to your oral evaluation, please write answers to the questions below." (Communication and Leadership program 12ページから引用)

NOTE TO THE EVALUATORは、書面でのフィードバックを行うページにあり、すべてのマニュアル、すべてのProject(Advanced Manualも含めて)あります。

実は、Basic ManualのProject 1の3ページにわたる説明は読めば読むほど、「うーん、どうまとめようかな?」とだんだんわからなくなってきていましたが、このNOTE TO THE EVALUATORを読んで頭がすっきりとまとまりました。

本当にトーストマスターズはマニュアルに始まり、マニュアルに終わるといっても過言ではないと改めて確信しました。

|

« 第172話:Inter-District Bの自分のスピーチと向き合う | Main | 第174話:"Motivate, Motivate, and Motivate" My evaluation workshop at the D76 Fall Conference on Nov. 18 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第172話:Inter-District Bの自分のスピーチと向き合う | Main | 第174話:"Motivate, Motivate, and Motivate" My evaluation workshop at the D76 Fall Conference on Nov. 18 »