« 第177話:論評の「軸」 | Main | 第179話:会報TOASTMASTERがオンラインで読める »

第178話:日本人だけど「できる!」

ニューヨークで活躍する日本人スタンドアップコメディアンのRioさんの話を12月7日読売新聞夕刊で読み、YouTubeで実際にステージを見ました。

すごい。ステージに出てくるなり、笑いを取っている。英語は日本人訛りだけどきっちり笑いを取っている。

まずは、彼のステージパフォーマンス、そしてものすごい努力をご覧下さい。(こちら

8月のInter-District以後、「日本人訛りの英語でToastmastersの世界大会、とくにInter-Districtで優勝してWorld Championship of Publich Speakingに進むのは難しいというか、ほとんど無理」かなーという弱気との闘っています。そうは思いたくありません。しかし何を目標にすればよいのか暗中模索でした。

Rioさんのステージをみて、俄然やる気が出ました。

日本人だから「できない」ではなく、
日本人だけど「できる!」

Rio Koikeさんの公式ホームページ

|

« 第177話:論評の「軸」 | Main | 第179話:会報TOASTMASTERがオンラインで読める »

Comments

Rioさんのステージ拝見しました。ネイティブを英語で笑わせるなんてすごいですね。しかも、ジャパニーズ・イングリッシュを逆手に取って、自分の芸を面白くさせているのですから。彼の姿勢、勉強になりますね。

Posted by: 水色式部 | December 10, 2007 at 10:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第177話:論評の「軸」 | Main | 第179話:会報TOASTMASTERがオンラインで読める »