« 第213話:神楽坂TMC 牧さんの論評ワークショッププレゼン資料 | Main | 第215話:プロのトレーニングメニュー »

第214話:今度TMODをやるなら、、、

今度TMODをやるときは次の点に心がけます。

基本路線「遊び心のある例会をまじめにやる!」

  • 例会10日前までに、全役割の確認を完了する
  • 役のある人でPrepared Speaker以外には、「Competent Leaderマニュアル」に沿って論評者をあらかじめお願いするように促します。
  • 役割をもったメンバーに定期的にメールを送る
  • TMODとしてのスクリプト(原稿)を一通り作成し、スムーズに進行できるよう練習する
  • TMODとして自分の目標をCompetent Leaderマニュアルに沿って決め論評をお願いする
  • これまで自分が作ったことの無い、なにかちょっとだけクリエイティブな例会のプログラムを作成する
  • 音楽を用意する

TMODとして自分の目標をCompetent Leaderマニュアルに沿って決め論評をお願いする

10日前までに決めてお願いしておきたいです。その後の方向性に影響する大事なアクションです。

例会10日前までに、全役割の確認を完了する

TMODとして、役割が早めに決まっていればとても楽です。役を割り当てられた人には、メールか電話で確認をすることにします。会員の中には、私のようなメール中毒者もいれば(私だけか?bomb)、めったにご覧にならない方までまちまちです。ですから相手のメール利用頻度によって挨拶方々電話で確認をするのはよいコミュニケーションだと思います。10日前までに役を割り当てられた方が次回例会に出席できないことがわかれば、早めに別の人を探すこともできます。

この確認ができてしまえば、あとは直前キャンセルへの対応だけですので、気持ちも楽に柔軟に対応することができます。

役のある人でPrepared Speaker以外には、「Competent Leaderマニュアル」に沿って論評者をあらかじめお願いするように促します

せっかく例会で役をやるのですから、自分としての目標をもってそのフィードバックをもらうことが更なるスキルアップにつながります。

「○○さん、次回タイマーだね。□□さんにCLマニュアルに沿って論評してもらうといいですよ。」と促してみます。この部分はVPE、メンターの仕事かもしれませんが、TMODとしても協力していきたいです。

これは、例会直前まで全員とできるようにしたいです。

役割をもったメンバーに定期的にメールを送る

とくにPrepared Speakerには、例会の3日前までにTMODと論評者に対して「スピーチタイトル、使用するマニュアル、プロジェクト番号」を連絡するように早めに理解してもらいます。

また持ち時間も事前に確認しておくことで、テーブルトピックセッションやジョークセッションも定められた時間を効果的に使えると思います。

そのほかの役割、たとえばWord of the Day(今日の言葉)を発表する人には、「あらかじめ大き目の紙に書いておいた今日の言葉を例会前にホワイトボードに見えないように張っておき、発表の際に初めて見せると効果的ですよ。」という自分の経験を共有することもできると思います。あるいは、Grammarian(文法チェッカー、文法博士、言語講評)には、「文法ミスの指摘も大事ですが、会員が発した良い言葉の使い方の共有により重点を置いてみてはいかがでしょうか?」と提案もできると思います。

これも、例会直前まで全員とできるようにしたいです。

TMODとしてのスクリプト(原稿)を一通り作成し、スムーズに進行できるよう練習する

これはやはり大事なことであると思いました。例会を楽しくスムーズに進行するには事前準備が欠かせません。原稿を作ることで例会の流れを具体的に予習することができ、潜んでいる落とし穴も事前に発見し手を打つことができます。

例会当日の家をでる直前までしたいです。

これまで自分が作ったことの無い、なにかちょっとだけクリエイティブな例会のプログラムを作成する

これまで自分が作ってきた例会のプログラムは、例会進行上必要十分なものであったと思いますが、そこに加えて遊び心のあるものにしてみたいです。

例会のプログラムは前日の夜までに仕上げ翌日はコピーするだけの状態にしたいです。

音楽notesを用意する

できればで良いのですが、Take the A-Trainのような楽しい気持ちになるようなジャズナンバーを例会前、休憩時間中に流して雰囲気作りをしてみたいです。先日参加したあるセミナーで講師の方がiPodに小さなスピーカーをつなげてちょっとしたときに音楽を流してくれました。それだけでも部屋中を楽しい音楽が満たし参加者の気持ちをやわらげていました。

選曲は自分がTMODとして活動を開始してからとし、前日までにMP3プレイヤーに流し込んでおきたいです。

ここまでやると楽しいだろうなと思います。次回TMODやるのが楽しみです。

|

« 第213話:神楽坂TMC 牧さんの論評ワークショッププレゼン資料 | Main | 第215話:プロのトレーニングメニュー »

Comments

お久しぶりです。たまに楽しく読ませていただいています。
「TMODとして自分の目標をCompetent Leaderマニュアルに沿って決め論評をお願いする」
次回、TMODをする際に実際に試してみようと思います。

私は、Competent Leaderマニュアルがなかなか進みません。開始直前に会場に駆け込むことがあり、マニュアルを持ってきていても、評論をお願いするのを忘れることが多いです。

Posted by: kogepan | February 12, 2008 at 11:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第213話:神楽坂TMC 牧さんの論評ワークショッププレゼン資料 | Main | 第215話:プロのトレーニングメニュー »