« 第229話:参りました その2 : 公園スピーカーたちからのメール | Main | 第231話:PuDong Toastmasters Club(上海)再訪 »

第230話:Lighthouse Toastmasters Club(上海)での初体験

3月15日(土)のLighthouse Toastmasters Club(上海浦東)で私はこれまでやったことが無かったことに挑戦しました。それは「テーブルトピックセッションでの最初の質問に挙手で答える。」というものです。

上海のトーストマスターズクラブ(これまで訪問したPeople's Square, PuDong)では、通常テーブルトピックセッションはトピックマスターによる指名ではなく、メンバーが挙手して即興スピーチをします。(同じ中国でも深センのクラブで挙手を見ることはありませんでした。)メンバーだけでなく、ゲストまで手を挙げて即興スピーチをするのをみて「これはすごい。勇気が相当いる。」と内心しり込みしていました。

しかし

  • Area33コンテストでの私のスピーチは「失敗してもいいから挑戦しよう」だったこと
  • たどちゃん、小野君という二人の公園スピーカーたちのチャレンジ精神に触発されたこと

の二つから、今回やってみることにしました。

この日の例会のテーマはコンテストシーズンにちなんで「Competition」。トピックマスターはJulia Wangさん。まず第一問目。

You must experience lots of competition. Could you show your memorable competition in your life with us?

質問が出た瞬間に手を挙げました。ステージまで進み、昨年のコンテストの一連のプロセスと、Inter-District で4秒のタイムオーバーで失格したこと。そこから学んだ経験を話しました。もちろん、「あー、ワンパターンだな。」という気持ちもありましたが、またスピーチのできもそれほどでもなかったのですが、昨日の目標は、「テーブルトピックセッションでの最初の質問に挙手で答える。」でしたから、それを実行しただけでも相当な達成感がありました。

日本から来たひげのおじさんが珍しい話をしたことを評価してくれたのか、それともお情けか、もしからしたら偶然私のスピーチが良かったのか、皆さんからBest Table Topic Speaker Awardをいただきました。

さて、ここでの学びですが、当てられるのを座して待つのではなく積極的にチャンスをとりに行くほうが精神衛生上はるかに良いことがわかりました。何よりも覚悟を決めて勇気を出してとにかく手を挙げる。できるかできないかわからないけど、とにかくやってみる。失敗してもそこから必ず何か学べる。そんな小さなことでしたが、非常に素晴らしい経験となりました。

ちなみにこの日の他の質問です。

  • Do you think more certifications and diplomasyou hold, more competitive you will be in the job market?
  • What factors will you consider to make a decision to join competition?
  • What do you benefit from competition?
  • What do you lose from competition?
  • Competition is usually cruel if the competitor asks for your help. Will you share your experience?
  • No one always win. If you failed in certain competition, will you still keep going?

この日のLighthouseのメンバーは全部が全部積極的だったわけではありませんでしたが、私も含めて全員挙手で自分からスピーチを行っていました。

この日も、「Evaluatorがドタキャンしたので、○○さんのEvaluationをお願いします」というリクエストがあり、ありがたくこのチャンスをいただきました。これも相当チャレンジングでしたがせっかく参加したのですから元を取る思いでがんばりました。

例会後は、お決まりの夕食会。夜遅くまでにぎやかに交流を楽しみました。 Sany0200

ところで、このLighthouse TMCにはNISHIHASHIさんという日本人の方が現在VPMをされています。上海にこられる前は田園都市クラブにいらっしゃったということでしたので、ご存知の方も多いと思います。(私は初めてお目にかかりました)Sany0197

Lighthouse Toastmasters Club

查看大图

|

« 第229話:参りました その2 : 公園スピーカーたちからのメール | Main | 第231話:PuDong Toastmasters Club(上海)再訪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第229話:参りました その2 : 公園スピーカーたちからのメール | Main | 第231話:PuDong Toastmasters Club(上海)再訪 »