« 第254話:東京インターナショナルクラブチャーターセレモニー | Main | 第256話:Talking Toastmasters Podcast »

第255話:DTM達成おめでとうございます

亜美ちゃん
近江さん
廣田さん

DTM達成おめでとうございます!

D76もDTMが増えてきました。私がトーストマスターズに入会した2000年当時はまだ3人しかDTMがいらっしゃいませんでしたが、現在は30名近くいるそうです。素晴らしいですね。

私も、万年ACB(ATM-B)での足踏み状態から、ACSを目指そうと思います。(あとプロジェクトを3つ終了すればACSです。)

今回は親しくお付き合いをしている3名の皆さんのDTM達成です。
本当におめでとうございます!

===========================================================

補足:せっかくのお祝いではありますが、近江さん、亜美ちゃんのDTMに関しては6月4日現在「要件を満たした状態」であり、Educational Achievements - District 76を確認してもまだDTMとしての発表はありません。親しい二人のACS、Leadership Excellenceの要件がそろったことを知り、勇み足で発表してしまいました。詳しくは、この記事のコメント欄をご覧ください。

ただ、私はお二人の本当のDTM達成を心待ちにしております。

|

« 第254話:東京インターナショナルクラブチャーターセレモニー | Main | 第256話:Talking Toastmasters Podcast »

Comments

ちなみに、廣田さん以外のお二人は神奈川の席で、LDREXC達成要件のスピーチをされていましたので、DTMを申請するまでに、後LDREXC、ALSを受賞する必要があるはず。DTMへ向けて最後の詰めが肝心です。

Posted by: | June 02, 2008 at 12:55 PM

なるほど。情報をありがとうございます。今日(6月3日)付けのDistrict Performance ReportのEdcational Achievementを見てもまだお二人の名前は出ていませんね。しかしLDREXC(Leadership Excellence), ALSも時間の問題でしょうね。最近、少々勇み足が続く「Toastmasters徒然草」ですが、とりあえず前祝ということで乾杯しましょう。Cheers!beer

Posted by: Azuma | June 03, 2008 at 01:00 PM

そうですね、事情を知らない方は発表されたことを鵜呑みにするしかないので仕方のないことです。ただTMの表彰制度は修了したことに対する表彰なので、表彰も終わらないうちに、自分から表彰予定であることを発表するのはどうなのかな、と思います。それはほんとに勇み足ですね。

Posted by: H2O | June 04, 2008 at 05:43 PM

H2Oさん。いつもありがとうございます。いやー、勇み足なのはやっぱり私のほうです。今回、TMIのEducational Achievementを見て、廣田さん以外のお二人がACSを取得されたことを知って、そのうちのお一方にメールをしてDTM取得が近いことを知り、つい調子に乗ってブログにアップしてしまったというのが真相です。

このブログを運営しているものとして、勇み足による誤報をしてしまったことを反省しております。

ただ、今回の私の記事を踏まえてH2Oさんが①LDREXCとACSのつめをしっかり②TMの表彰制度は修了主義という二つの正しい情報をご提供くださいました。

このやり取り自体に価値を感じておりますので、しかるべき方からの削除要請などない限り、このまま掲載を続けたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: Azuma | June 04, 2008 at 08:48 PM

誤報はよくあることですし、私も過去の反省から後に続く方々には正しいことをお伝えしたいと思っています。今期は役員でもあるので、より教条的になっているかも知れません。私自身、間違いを指摘されるとマニュアルや本部のサイトなどをすぐ調べるので。既に事情を知らない方が、DTMの某さん、などと呼んでいて言葉が独り歩きしています。第256話の方々の様にもっと気楽にやりたいものですね。

Posted by: H2O | June 05, 2008 at 12:37 AM

DTM取れました。短期間の内に3回もWHQに同じ申請をしてしまいました。こういう時に限って、返事が来ないので、気を揉みます。

Posted by: H2O | June 11, 2008 at 01:26 AM

こちらでお祝いをして頂いていることを夢にも知りませんでした。ありがとうございます。
H20さん改めて、おめでとうございます。非公式に記録をとっている方によれば、H2Oさんにておそらく28人、女性はおそらく11人とのことです。
さて順番の件ですが、ALSとDTMは同時出願可能です。書式上で、ALSとDTMを別クラブにすることも
可能と思います。DTMの出願書式でのALSの取得日時欄に同時申請である(applied concurrently on 出願日?)と書けばよいと思います。同じファックスで送るので誤解は生じません。

Posted by: greenfield | June 12, 2008 at 08:50 AM

H2O様。DTM達成おめでとうございました。DTMになるためのひとつの関門はやはりLDREXCですね。私はどうもそれが億劫に思えてなかなか一歩が出ないですね。世の中にはDTMも何度も取得(つまりDTMまで行ったらまたBasic のProject1にもどってまたDTMにいくを何度もやる)している人がいることを思うと、一度は乗り越えないといけないのでしょうね。日本もDTMが増えてきましたね。とてもよいことだと思います。おめでとうございます。

Posted by: Azuma | June 12, 2008 at 09:28 PM

ありがとうございます。私も最初同時申請を狙ってACGの日付だけ入れておいたのですが、コメントがいるのですね。私の場合は当初はさほど興味がなかったのですが、米国では割と普通にDTMの方がいるのを見るに付け、日頃の活動の中で取れればよいと思いました。長年の活動で2回目のDTMもすぐ申請できる状況なので、今度はクラブにポイントで貢献するために2回目の受賞を目指したいと思っています。

Posted by: H2O | June 12, 2008 at 09:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第254話:東京インターナショナルクラブチャーターセレモニー | Main | 第256話:Talking Toastmasters Podcast »