« 第257話:「有終の美」 | Main | 第259話:スピーチはお尻から書く »

第258話:論評チャンピオンによる論評ノート術ライブデモ

6月28日は大和バイリンガルクラブの役員就任式(Officer Installation Ceremony)でした。毎年、神奈川県大和市にある北京飯店という中華レストランで行います。

さて、昨日の目玉は「2007年D76日本語論評チャンピオン 小林美枝子さんによる論評ワークショップ」でした。

このワークショップの最大の見せ場は、モデルスピーカーのスピーチを聞きながら小林さんが取る論評用のメモをスクリーンにライブで投影していくところです。(写真は、掛川さん(右)のスピーチを聞きながら、メモを取っている小林さん。スクリーンには、小林さんのメモと小林さんの右手が映っています。小林さんは、二本のペンを同時に持ってメモをされていました。)
Eval_live



参加者は、チャンピオンがスピーチを聞きながらどのようにノートを取るのか、ライブで確認し学ぶことができました。さらに作成したメモをどのように論評スピーチにまとめ上げるのかのプロセスも実際に体感しながら学べました。

小林さんは、A4サイズのOHP用の透明なシート3枚いっぱいにメモをびっしりと取られ、それに基づいての論評をされたのですが、普段ベテランの論評者がどのようにメモをとるのか見る機会は滅多になく、「こんなにびっしりメモを取るのか!」と感嘆の声があがりました。

論評ワークショップは、次の構成で進行しました。
1、イントロ
2、モデルスピーチ(掛川さん、基本マニュアル プロジェクト10)&論評メモライブデモ
3、小林さんによる論評
4、出席者全員による論評(良い点を中心に)
5、事前に出席者から出された質問に小林さんが回答するセッション
6、「いいところ探し」論評ゲーム
7、クロージング

チャンピオンが惜しげもなくノウハウを公開して下さった実に豪勢なイベントでした。

小林さん、ありがとうございました!

|

« 第257話:「有終の美」 | Main | 第259話:スピーチはお尻から書く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第257話:「有終の美」 | Main | 第259話:スピーチはお尻から書く »