« 第259話:スピーチはお尻から書く | Main | 第261話:びっくり仰天 神奈川クラブ »

第260話:8月12日へ向けてモチベーションをあげ続ける

最近こんな記事を読みました。

「アメリカズカップでアメリカは第1回大会から130年間このカップを保持していましたが、1983年にオーストラリアに負けました。オーストラリアのキャプテンは、アメリカを破るために、アメリカに勝ったシーンを実況テープ風に録音させ選手に2年間毎日2回聞かせて続けました。彼らは戦う前から、心の中でアメリカに勝っていました。」(【英語リーディング筋トレ 2008/6/30(1331)】ワンデー・サクセス・カレッジ(その1)より)

8月12日までの残り時間がどんどん少なくなる中で、スピーチがなかなか出来ない。うまくモチベーションを管理するにはどうするか?

ヒントはこの記事の中にありました。

この記事を読んですぐに1997年から2007年までのWorld Championship of Public Speakingの表彰式(3位、2位、1位の発表と優勝者の受賞スピーチ)シーンだけをDVDから抜き出して、編集しましてiPodでひまを見つけては毎日見ています。

今日は明日会社に来ていくワイシャツにアイロンを当てながら(半年に一回くらいこんなこともします)、2005年、2006年、2007年の表彰式を見ました。

優勝者発表の瞬間は、何度見ても鳥肌が立ちます。

モチベーションが、ものすごくあがります。がんばるぞ!

|

« 第259話:スピーチはお尻から書く | Main | 第261話:びっくり仰天 神奈川クラブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第259話:スピーチはお尻から書く | Main | 第261話:びっくり仰天 神奈川クラブ »