« 第268話:Inter-District用スピーチ決定 | Main | 第269話:静かなカルガリの月曜日(一日前) »

第268話:かまいやしねえ、大暴れしてやる!

昨日、二人のD76チャンピオンたちから二つの言葉をいただきました。

  • 「かまいやしねえ。」 (小林CBさん、2007年日本語論評チャンピオン)
  • 「大暴れして来い。」(泉けんちゃん、2004年D76チャンピオン)

私は聴衆がかもし出す空気を読みすぎ、スピーチのパフォーマンスもそれにすごく左右されます。昨年はそれもあってタイムオーバーしてしまいました。メンタルの弱い部分の克服は大きな課題でした。今年の練習でもやはり聞き手の空気によってパフォーマンスがかなり左右されました。

そして昨日、上の言葉をいただきました。

今日の自宅の練習で、やっていて「ここ大丈夫かな?うまく伝わるかな?」と弱気になったときにふと「かまいやしねえ。」と唱えてみました。力がわいてきました。大きな声を出すところも、「いい年をしてこんな声出して馬鹿に見られないかな?」とトーンダウンしそうになったときに、「大暴れしてやる!」と唱えてみました。元気が出ました。

14時からの大和バイリンガルの例会でスピーチを練習する時間がありましたが、そこでも「かまいやしねえ。」「大暴れしてやる!」と唱えて見ました。まれに見るよいできでした。

例会終了後メンバーの皆さんに残っていただいて、もう一回やることにしました。

そのときに、皆さんに次のお願いをしました。「できるだけ、マナーの悪い聞き手になってください。わざと私が不愉快に思うような態度で聞いてください。私のスピーチの最中に隣の人と話す。下を向く、携帯でメールを打つ、本を読む、書類に何か書き込む。何でもいいです。ありとあらゆる失礼な態度で聞いてください。」

その状況で一度やってみました。細かなミスをいくつもしました。しかし、何人かの方から「さっきよりも断然よかった。」とコメントをいただきました。「かまいやしねえ。」「大暴れしてやる!」「振り向かせてやる」という気持ちが出たからでしょうか?

そういえば、今年の春のDivision Cコンテストの直前の練習のときは、大和バイリンガルクラブの会場のすぐ横で耐震補強工事のためか削岩機のものすごい音が鳴り響いていました。そんな中でも負けないようにやってみました。スピーチが終わってから、ものすごく高い評価をいただきました。

「私はメンタルが弱い」と勝手に思っていただけかもしれません。

かまいやしねえ。大暴れしてやる!

|

« 第268話:Inter-District用スピーチ決定 | Main | 第269話:静かなカルガリの月曜日(一日前) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第268話:Inter-District用スピーチ決定 | Main | 第269話:静かなカルガリの月曜日(一日前) »