« 第281話:New Experience Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月27日) | Main | 第283話:日本語版Wikipediaに「トーストマスターズクラブ」登場! »

第282話:SHIP Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月28日)

今回の「香港・中国TMC訪問の旅」最後の仕上げは深センのハイテクパーク内にある、SHIP Toastmasters Clubです。

New Experience TMCと同じくこのクラブも二度目です。(前回の訪問記はこちら

今回訪問を打診した際にGeneral Evaluatorを依頼されましたので喜んでお受けいたしました。クラブ訪問の楽しみは、その例会の役を引き受けることでただ傍聴するだけでなく参加することができることです。

前日のNew Experience Club訪問で、SHIPの役員さんたちと再会しましたがその際に「5分くらいのスピーチをやってもらえないか?」と依頼されましたので、例会の最後に何か一言言えばよいのだなと思ってSHIP Clubの会場に行って、例会のプログラムを見てびっくり。Prepared Speech 1として私がアサインされているではありませんか?

うーん、困った。TMOEのJackさんといったん「Prepared ではなく例会の最後に動かしてくれ」と交渉しましたが、途中で「D76チャンピオンならば、チャレンジしてみよう。」という気持ちに突き動かされ、引き受けることにしました。

例会が始まるまで20分。マインドマップを作ってMistakesなるスピーチを作りました。深センや中国は、会員層が若くトーストマスターズでの経験をPrepared Speechにして語ると非常に喜ばれる例をたくさん見てきましたので、その線でスピーチを作ってみました。もちろん練習時間もなく英語を校正する時間もなく開き直って「かまいやしねぇ、大暴れしてやる。」という気持ちでチャレンジしました。

General Evaluationですが、私のフィードバックは次のとおり。

  • 時間管理:すばらしい。時間通りにはじまった。自己紹介コーナーが長かったのでどうなるかと思ったが、そのあとのヘルパーさんたちの紹介がコンパクトでかつテーブルトピックマスターも時間を意識したので、予定通りに戻った。Prepared Speechでちょっと長くなったが、休憩時間を10分から5分に短縮して取り戻すなど臨機応変の対応がすばらしい。
  • 例会の雰囲気:会長さんがまず楽しい雰囲気で思いっきりの笑顔で開会した。これが今日の楽しい例会のトーンを決めたと思う。その後TMOEに引き継いだが、彼もまたみなが楽しくなるような雰囲気をどんどん積極的に作ってその後みながとてもリラックスして楽しめた。
  • 改善提案1:自己紹介コーナーがちょっと長く感じた。予定では10分のところに30人の自己紹介をやるわけだから、一人20秒のはず。タイマーさんを使って工夫されてはいかが?
  • 改善提案2:テーブルトピックセッションは、黒板に書いた単語を志願者に選ばせて、TTマスターがそれに関連する問題を読み上げるというなかなか独創的な試みで面白いと思った。しかし、単語があらかじめ公開されているのでみなある程度心の準備ができてしまう。たとえば、カードに問題を書いておきそれを志願者に引かせるという方法も考えてみてはいかがでしょうか?
  • まとめ:会長さんの楽しい雰囲気作り、TMOEさんの熱意、そしてTTマスターの独創性は日本に持って帰りたいと思います。

ところで、この日のLanguage Evaluator(Grammarian)はNew Experience & Shenzhen TMC のEmilyさんですが、彼女のGrammarian's Reportはカリスマパワー爆発のものすごい迫力でした。あの小さな体からよくそんなに迫力のあるスピーチがでるねってくらいすごいパワーでした。彼女は3月に私が初めてNew Experience Clubを訪問した際にクラブコンテストでセンス抜群のスピーチをしてぶっちぎりで優勝した人です。今回もShenzhen TMCのHumorous Club Contestで優勝して9月半ばのAreaコンテストに進むそうです。結果が楽しみです。

さて、この例会には日本人のCobyさん(小林さん)という会員がいらっしゃって楽しい雰囲気作りに一役買っていました。中国のクラブで日本人会員に会うのは上海のLight House TMC以来二回目です。

さて、今回私は3人のPrepared Speakerの中でBest Speaker賞をいただきました。また、今回私の部門(会社ですね)で深センで現地採用した中国人社員のDavid君を連れて行きましたが、彼はBest TT Speaker賞に輝きました。自分で手を上げて答えたのですから立派です。

  • Sany0554

=================================================-

さて、せっかくやったスピーチをどこにも記録しておかないのはもったいないので、ここにメモしておきます。

MISTAKES

Are you afraid of making mistakes?

Are you enjoying making mistakes?

Ladies and gentlemen, my name is Kiminari Azuma. I am from District 76, Japan, and I am the D76 Champion of ...........making mistakes.

Today, I am xxxx years old, and I have made lots of mistakes in my life. I have been with Toastmasters for eight years, and I have made lots of mistakes too.

When I was Vice President of Education, I was really fascinated with Toastmasters educational program, and I became a very enthusiastic VPE. I asked member "What is your goal this year." "What are your TM goals this year?" "When are you going to achieve your CTM award?" (だんだん声を荒げる)

Then many members left the club. It was my painful mistake.

Later, I became club president. I didn't want the same mistake again, so I softly asked VPE. He served club officer for the first time.

"Have you read the VPE manual?" No answer.  "Have you ready the VPE manual?" Again, no answer. "Are there anything I can do for you?" Again no answer.  Then I exploded. "HAVE YOU READ YOUR VPE MANUAL?"

He left the club. Ah, what a painful mistake!

Last year, I won the D76 International speech contest and got a ticket to the Inter-District B contest.

I was the second speaker. I was very nervous.

Contest Chair invited me to the stage, and everyone welcomed me.

I started my speech.

I came to the first funny line. But it didn't work, nobody laughed. I got more nervous. Then I saw a lady in the back of the room yawning.

I lost confident, and I ran overtime four seconds.

This year, I won the D76 international speech contest again, and got a ticket to the Inter-District A contest. I didn't want to make the same mistake again.   I practiced in a different ways than last year. I visited a local Toastmasters club in Calgary a day before the contest, and I practice my speech, but again my funny line didn't work. I was shocked.  I told myself that my speech was NOT funny.

Then on the big day, after lunch my friend invited me to a public park and he forced me to practice my speech in front of strangers. I HESITATED, but he forced.

I made some mistakes, but I finished the first round. Strangely, I felt a great sense of achievement. Then I went to someone sitting in the bench. I introduced myself and did my speech. This time, I got some small laughter. Then after my speech, I got a very helpful feedback.

On the Inter-district A contest, my speech really worked. More than two hundred people in the audience really laughed and enjoyed my speech. That was more than I had expected. I felt really good, and I WON.....the certificate of participation.

(PAUSE)

Ladies and gentlemen, the more you make mistakes, the more you learn.

The more you learn, the wiser you become.

The wiser you become, the sooner you achieve your goals.

(PAUSE)

Toastmaster is a nice place to make mistakes. Toastmaster is a safe place to make mistakes.

Think about this. Once you step out this room (opening the door), and in the real world, there are many monsters, dinosaurs, killers, crazy people.  (getting out of the room)

As soon as you make mistakes, they point out and yell "Why you make such a foolish mistakes?"  (getting back to the room)

But in this room, no one are nasty. Our beautiful grammarian gently reminds me of my small mistakes. Toastmasters help Toastmaster succeed.

So don't be afraid of making mistakes in the Toastmasters meeting, and make your mistakes energy for your growth.

Please remember that making mistakes is a part of process of becoming a successful business person.

(PAUSE)

Ladies and gentlemen. Let me ask a question.

WHAT MISTAKES ARE YOU GOING TO MAKE TOMMORROW?

Back to you, Mister Toastmaster.

======================================================

スピーチの途中で赤が出たので、「ありゃ、またタイムオーバーか?」と思いましたが、7分10秒でした。

View Larger Map

|

« 第281話:New Experience Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月27日) | Main | 第283話:日本語版Wikipediaに「トーストマスターズクラブ」登場! »

Comments

東様
御世話になります、
今回SZでお会えできて、
本当によかった!
すばらしい文書を読んでいただきました!
勉強になります。

Ship toastmasters. Sarah he

Dear Azuma: Sarah explained your blog to me today. We are deeply impressed by your devotion to Toastmasters and your passion for public speaking. We really learn a lot from your speeches and your spirit. Again, it's great to know you and we look forward to meeting you again in the future. Cheers!

Emily Yang

President of Shenzhen Toastmaster Club

June 2008 to July 2009

Posted by: sarah emily | September 05, 2008 at 08:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第281話:New Experience Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月27日) | Main | 第283話:日本語版Wikipediaに「トーストマスターズクラブ」登場! »