« 第282話:SHIP Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月28日) | Main | 第284話:エリア43テーブルトピックコンテスト(英語、10月5日、徳島) »

第283話:日本語版Wikipediaに「トーストマスターズクラブ」登場!

おととい、徒然なるままにインターネットを放浪してふと誰でも編集できるネット上の百科事典Wikipedia(日本語)で「トーストマスターズ」という言葉で検索してみたら、なんと出てくるではありませんか。数ヶ月前には日本語の記述はなかったのに、どなたかが書かれたのですね。

Wikipediaから「トーストマスターズクラブ

用語も記述も私の理解しているところをほぼ一致しました。筆者の方は正確な記述を心がけていらっしゃいます。

どなたが書かれたのだろうか。D76の役員さんがPRを目的に書かれたのかな?いろいろと想像をめぐらしながら、ふと筆者にたどり着ける可能性のあるツールWikiScannerを思い出してトライしてみましたが、ちょっと検索の仕方に癖があって調べることはできませんでした。(記事を書いた組織は特定できますが、個人は特定しにくいということです。)

Googleで、調べ物をしていると検索結果の上位にWikipediaでの記述が出てきます。たとえば「神奈川県」でGoogleで検索をかけると4番目に出てくるのがWikipediaの「神奈川県」です。それほどWikipediaは多くの人の目に留まるツールとしての地位を確立してきているのです。

ですから、今回Wikipediaに日本語でトーストマスターズについて書かれた方は、たぶんこのことを意識されたのでしょう。すばらしい着眼です。

どなたが書かれたかということよりも、こうして見えないところで私たちの仲間がトーストマスターズのいっそうの発展を祈念して、こうした努力をしてくださっていることに感謝の気持ちを持ちました。本当にありがたいことです。

もし、D76の役員さんのどなたかが書かれたのであれば、ただでさえお忙しい中、本当によくやってくださっていると心からお礼を申し上げたいと思います。また、もしD76の役員さんでない有志の方の手によるものであれば、あらためてその方にご尽力にお礼を申し上げたいと思います。

Wikipediaは、だれでも編集できる。言い換えれば皆で作り上げていく財産です。少し前までは記述の正確性に疑問符がつけられました。しかし最近ではだれもが編集できる利便性から、逆におかしな記述はすぐに修正がかかり、情報の精度が上がっているということをどこかで読みました。

私たちも、このWikipediaの精神に大いに共鳴しながらこの「トーストマスターズ」という記事を改定し育てていきましょう。

英語版WikipediaのToastmasters Internationalの記事では、International PresidentもJana Barnhillに、また2008年の世界チャンピオンの名前やスピーチの内容についてもすでに更新されていました。(前述のWikiScannerを使ってどういう人が書いたのか確認してみました。個人は特定できませんでしたが、ひとつだけいえるのはToastmasters Internationalが組織として書いているわけではなさそうだということです。)

役員さんに限らず、気がついた人が善意をこめてWikipediaのトーストマスターズ情報を育てていく。まさにFriends Helping friends succeed(2000-2001年のTMIのテーマ)の具現化ですね。

創意あふれるD76のメンバーが、ご自身が所属するクラブについてWikipediaに記述していったり、あるいはスピーチコンテストの様子について記述していったり、Wikipediaはたんに外部に対してPRするためのプラットホームとしての役割ばかりか、会員が見識をたかめ知識を深めるツールとして十分活用していけそうです。

私のようにブログを活用して情報発信をしたり、YouTubeでスピーチのビデオを共有して学びあったりと、いわゆるWeb2.0と呼ばれるツール群の活用も広がってきました。ここへ来てWikipediaです。

トーストマスターズがさらに楽しくなりそうです。

|

« 第282話:SHIP Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月28日) | Main | 第284話:エリア43テーブルトピックコンテスト(英語、10月5日、徳島) »

Comments

筆者はAZUMAさんもよくご存知の方です。仮にAさんとしておきましょうか(笑)。MK,MZ,TI...とくればわかるかな?

Posted by: H2O | September 03, 2008 at 12:54 PM

Wikipediaの変更履歴にはっきり筆者がどなたかたどれる「印」が出てますね。たいしたものです。この方の行動力は。敬服します。

Posted by: Azuma | September 06, 2008 at 06:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第282話:SHIP Toastmasters Club訪問記(中国深セン、8月28日) | Main | 第284話:エリア43テーブルトピックコンテスト(英語、10月5日、徳島) »