« 第339話:練習日記3月17日 (火) Conclusionにめどがつく | Main | 第341話:練習日記3月18日 (水) そこそこ進歩 »

第340話:気がつけばすでに地獄の一丁目

スピーチの練習が軌道に乗り弾みがつき佳境に入ると、私はいつもほかのものが見えなくなり、ほかのものが手につかなくなります。

いけないとわかっているのですが、去年も一昨年もそうでした。今年も早くもそうなりつつあります。

「今年もD76コンテストで優勝したいから。」一心に練習しているのかといえばそうではなく、まるでスピーチに取り付かれたような状態なのです。目先の目標だけを見てやっているって感じです。

すでに今年の私の生活もそうなりつつあります。

今年は、コンテスト期間中であっても本を読んでバランスをとったり、Newsweekを読みCNNやBBC World NewsをじゃんじゃんPodcastで聞いて英語力を高めたり、日曜はWii Fitや積極的な散歩で健康管理に努めたりするつもりでしたが、先週くらいからもう何もできていません。

心の中がだんだんスピーチ一色になっていくのがわかります。

ただ、昨年と違うのは、今年は「やはりそれはよくない。」と思って何とかバランスをとることに努めていることでしょうか?

今年はクラブコンテストからエリアコンテストまでかなり時間があり、いままでにないくらい早い時期にスピーチを深めています。

昨年までクラブコンテスト用にパパッと作って、エリアのときも直前に練習してというかなり泥縄でしたが、今年はそういう対応だと正直非常に不安になるので、小心者の私は早めにスタートしました。

気がつけばすでに地獄の一丁目に来ています。まだ3月なのに。

昨年、一昨年は5月でしたからえらく早く来てしまいました。早く来て何かよいことがあるのでしょうか?

|

« 第339話:練習日記3月17日 (火) Conclusionにめどがつく | Main | 第341話:練習日記3月18日 (水) そこそこ進歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第339話:練習日記3月17日 (火) Conclusionにめどがつく | Main | 第341話:練習日記3月18日 (水) そこそこ進歩 »