« 第366話:練習日記4月11日 降臨 | Main | 第368話:「コンテストビデオ撮影」考 »

第367話:練習日記4月12日 禁酒を解いた夜 (Division Cコンテスト)

4月12日(日) 晴れ ディストリクト76コンテストまであと49日

神奈川県藤沢市で行われたDivision Cスピーチコンテストで優勝した。ひとまず努力が報われほっとする。

今日の動き

  • 6時:起床
  • 10時:練習開始。昨日追加した3行込みでのタイムを7分10秒に収めるべく練習。昨晩は何度やっても7分20秒から7分25秒だった。疲れているせいだと思ったので、今朝からやりなおすが7分10秒は出ない。
  • 11時:おっとそろそろ家を出ないと、12時20分からのコンテスタントブリーフィングに間に合わない。藤沢では、充実した昼食を取る予定。11時50分、藤沢着。小田急江ノ島線の車内で、昼飯を何にするか葛藤があったあとで、結局餃子の王将で「餃子2人前と野菜炒め」にすることにした。
  • 12時:餃子の王将藤沢店着。すごい行列。12時20分からのコンテスタントブリーフィングは間に合わないと判断し、コンビニでおにぎり2個とお茶を買って会場へ。湘南トーストマスターズが仕切っているDivision Cコンテスト。エレベーターを8階で降りると、そこは受付。岡本さんのにこやかな出迎えを受ける。スムーズな受付。会場に入るとすべてセットアップが終わっている状態。文章でなかなかあらわせないが、一言で言うと「さすが湘南トーストマスターズクラブ。」
  • 12時30分:ブリーフィング。6人のコンテスタント。スピーチ順序を決めるくじ引き。2段階。まずくじ引きの順序を決めるじゃんけん。つぎにじゃんけんの勝者から阿弥陀くじの好きなところを選ぶ。6人中5番目のスピーカー。
  • 12時50分:ブリーフィング終了。会場のあるビルを出て歩道を歩きながら最後の練習に入る。①まず、昨日の3行を確実に言うこと。②Mister Contest Chairではなく、Madam Contest Chairということ。さて、新規に冒頭に追加した3行がどれくらいかかるのかストップウォッチで計測すると、14秒。タイムオーバーの懸念が頭をもたげる。
  • 13時35分:予定より5分遅れて開始。実行委員長、湘南TMC会長の挨拶のあと、茶道の先生によるキーノートスピーチ(英語)。先生のお話が佳境に入ったところで先生の使っていたピンマイク(ワイヤレス)が混信を受け、どこかの誰かの声と先生のお声と混ざって場内のスピーカーから流れる。この瞬間コンテスタントは、「もし、これが自分だったら?」と凍り付いていたことと思う。私はピンマイクを使う予定であったので非常に怖くなった。
  • 14時20分:コンテスト開始。1番目のスピーカー、2番目のスピーカーを見ていて、会場内の音響システムがハウリングを起こす可能性が高いことに気づき不安になる。4番目のスピーカーまでみて、ピンマイクを使わないことに決定。
  • 15時ころ:自分のスピーチ。昨日追加した3行でもたつく。もたつくと頭をよぎるのがタイムオーバーへの恐怖。もたついた焦りからちょっとペースをくずす。普段間違えないところ、普段よく間違えるところで間違える。大和バイリンガルのメンバー、友人のトーストマスターズの皆さんとよく目が合う。ふと気づくと、タイマーの方がすでに緑を出している。「早い!」というか自分が「遅い。」さらにあせる。Conclusionに持っていくところで、前列2列目に座っていた大町さんが私のメッセージにうなづいてくださっているのが見えた。いけるかもしれない。そして終了。
  • 15時35分:コンテスタントインタビュー。楽しくできた。
  • 15時55分:結果発表。3位。私の名前を呼ばれることを覚悟。コンテストチェアを見ると彼女は私の後ろの人を見ていた。私ではない。Hugさんのお名前が呼ばれた。2位。私の名前を呼ばれることを覚悟。コンテストチェアを見ると彼女は私の後ろの人を見ていた。北見さんのお名前が呼ばれた。1位。私の名前が呼ばれない事を覚悟。コンテストチェアの町田さんと目があった。私の名前が呼ばれた。やれやれ報われた。隣の席の横尾さん(Second Speaker) 後ろに座っていた廣田さん(Third Speaker), 川内さん(First Speaker)と握手をしステージへ。エリアコンテスト(上位二名がディビジョンへ)と比べてディビジョンコンテストは狭き門なので、そこを通過することができ本当に安心した。
  • コンテスト終了後:湘南トーストマスターズクラブ設立15周年パーティー。エリアコンテストの夜のビール解禁に続いて今晩も解禁。たくさんの皆さんと楽しく歓談した。

応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

===

さて、明日から1週間ほどちょっと休もうかな?それともいただいたコメントシートを見ながらがんばろうか?

そんなことを考えるのは明日にして、こんばんは寝ることにする。

|

« 第366話:練習日記4月11日 降臨 | Main | 第368話:「コンテストビデオ撮影」考 »

Comments

優勝おめでとうございます。

はじめて書き込みします。

昨年暮れから、東さんのブログを読んでいます。

最近は毎日更新されているので、まとめ読みになってしまい、なかなかリアルタイムでついて行けませんが、

スピーチにまつわるあれこれ・・・毎回楽しみにしています。

私は、大学時代にESSで英語スピーチをやっていました。現在は高校で国語の教師をしています。

これからよろしくお願いします。

Posted by: かんちゃん | April 13, 2009 at 12:47 PM

かんちゃん、コメントをありがとうございます。

国語の先生をされているのですね。スピーチを書くたびに、もっと深いスピーチを書きたいと思い、詩や哲学に思いを巡らしております。(実は巡らしているだけ)

かんちゃんは、現在スピーチをなさっていますか?

また情報交換しましょう。よろしくお願いします。

Posted by: azuma | April 13, 2009 at 11:16 PM

優勝おめでとうございます。
今年はこの地区でコンテスタントとして舞台に
立つことを目標としてきたので、
同じ舞台に立つことができ非常に光栄に
思うとともに、今は非常にすがすがしい気分です。

しかも、最強のディビジョンといわれるC地区で
6人のコンテスタントの一人として、スピーチの
たすきをつなぐことができたわけですから...

また一緒にやりましょう。

Posted by: MarkII | April 13, 2009 at 11:58 PM

Divisionでの優勝、おめでとうございます!
湘南TMCの15周年に関西からも数名が参加すると聞いていましたが、Azumaさんがコンテスタントで出場されると知っていたら、無理をしても参加したのにと、少々後悔しています。聞き逃したスピーチはつくばでしっかりと聞かせて頂きますね。

それにしても、すごい人ですね!
”三度目の正直”に向かって着実に歩を進めていらっしゃる!!!

この長い長いストーリーをぜひ、最高の形で完結させて下さいますように!

Posted by: 水色式部 | April 14, 2009 at 12:28 AM

Kiminariさん, Division C優勝、おめでとうございます。昨年、広島の平和記念公園で偶然お目にかかった際、次はつくばのセンターステージでお会いましょうと冗談半分?で言葉を交わしましたよね。あなたは既につくばへの切符を手にしていますが、ぼくの方はAreaを辛うじて2番手で通過し、この日曜日に岡山でのDivision D に首の皮一枚の望みをつないでいるところですが、徳島でのスピーチクリニックで東流のテクニックを伝授されなければ、ここまで勝ち進めなかったと感謝しています。Divisionでの結果にかかわらず、つくばへ参りますので再会を楽しみにしています。世界選手権へのロードマップの通過点として、つくばでの成功をお祈りしています。

Posted by: Taka | April 14, 2009 at 12:25 PM

Mark IIさま。コメントをありがとうございます。Mark IIさんもすごくがんばりましたよね。ステージを縦横に使ってのプレゼンテーションは本当にすばらしかったと思います。
ぜひ来年も挑戦してください!継続は力なりとは本当だと思います。ありがとうございました。

Posted by: azuma | April 14, 2009 at 05:34 PM

水色式部さま、コメントをありがとうございます。Divisionはいつもしんどいです。エリアは上位二人が行けますが、Divisionは1位のみですから確率がぐっと低くなりますね。それを考えると「うーん」とおなかの辺りにプレッシャーを感じます。

無事乗り切ってほっとしています。次のDistrict76まで47日もあります。ここでどうやってモチベーションを維持するか本当にしんどいですが、やるしかありません。

ひいひい言いながらがんばることにします。

筑波で水色式部さんに再会できることを楽しみにしています。

ありがとうございました。

Posted by: azuma | April 14, 2009 at 05:38 PM

Takaさま

ご無沙汰しております。エリアコンテスト通過おめでとうございます。また私へのお言葉をありがとうございます。

さて、いよいよ岡山で19日にDivision Dがあるのですね。肩をまわして呼吸を整えステージを楽しんでください。今日は4月14日ですから今日を除いてあと4日練習に使えますね。ぜひConclusionに勝負をかけてください。コンテストでのスピーチはConclusionが命です。ここでTAKAさんの心が震えるメッセージをAudienceに送れば、そのメッセージは勝利の女神に届くかもしれません。

リラックスしつつもConclusionをがんばってください。

ありがとうございました。

Posted by: azuma | April 14, 2009 at 05:42 PM

Azumaさんのご質問にお答えします。

最近は、「スピーチ」とは無縁の生活です。

ですが、毎日の授業の中で、いろいろなことを語るので、毎日がスピーチと切っても切れない縁が続いているとも言えます。

私の場合、チョーク&トークのオーソドックスな授業スタイルなので、「語る」という部分で、いかにして生徒たちの興味関心を引きつけ、「国語っておもしろい」と思わせられるかに、スピーチで培ったものが役に立っています。

Azumaさんの再始動を心待ちにしています。

Posted by: かんちゃん | April 17, 2009 at 09:43 AM

かんちゃん、

トーストマスターズの仲間にも学校の先生をなさっている方が何人もいます。そのかたがたのお話を聞くにつけ、かんちゃんがおっしゃるように、先生方は毎日パブリックスピーキング三昧なのだなと思います。

私も以前小学校のPTA会長をやっていましたので、先生方ともお付き合いさせていただきましたが、みなさん発声法ができていますね。女性でもおなかの底から良く通る声を出していらっしゃる。声が届かないと仕事にならないからですよね。

長男が高三になり、先生方ががらりと新しい顔ぶれになりました。ようやく受験を自覚したこともあったでしょうが、今年度にお会いした先生方は、これまでにないくらい長男のモチベーションを高めています。やはりよい先生との出会いが人生を変えますね。

「Azumaさんの再始動を心待ちにしています。」

ありがとうございます。ゆっくり再始動しています。ブログには書いていませんが、二つのアクションが進行中です。

5月31日の全国大会で優勝したくない!とは決して言いませんが、やはり自分で納得できるスピーチ、納得できるプレゼンがしたいです。Division Cは勝ったからほっとしましたが、決して納得できるものではありませんでした。もういちど「スピーチの原点」から考えて見ます。

コメントありがとうございました。

Posted by: azuma | April 17, 2009 at 01:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第366話:練習日記4月11日 降臨 | Main | 第368話:「コンテストビデオ撮影」考 »