« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

第374話:久松さん!おめでとう!!(D76英語コンテスト)

5月31日のD76スピーチコンテストで新しいチャンピオンが誕生しました。久松さんです。本当におめでとうございます。

久松さんは、2005年に"In One Second"というスピーチでD76スピーチコンテストで優勝し、日本(D76)から初めてInter-Districtに進んだ方です。

彼女がベストな状態で今年のコネチカットのInter-Districtに勧めるように、求められればサポートをいたします。(私が2007年のアリゾナのInter-Districtに出場したときにも彼女からいろいろと話を伺いましたので。)

さて、肝心の私ですが2位でした。

「残念でしたね。」と暖かな声をかけてくださる方が本当に多く、トーストマスターズの仲間の皆さんの優しさを本当にうれしく思いますが、実は私はこの結果に本当に満足しているのです。何の悔いもありません。(強がりではありません。ほんまでっせ!)

The second place winner is .....Kiminari Azuma! という根木コンテスト実行委員長の発表がつくばのノバホールに響き渡ったとき、正直第三者的に「チャンピオン交代だな!」と思ってちょっと苦笑してしまいました。2年連続で優勝した人間がV3を達成するのもそれはそれですばらしいのですが、新しい人、別の人がチャンピオンになることも組織にとっては健全なことだと思います。

実は今回の「A Drop of Water」は、エリア、ディビジョンでやった「The Missing Piece」とはまったく違う新しいスピーチです。「The Missing Piece」は、今年1月の東海TMCのワークショップで披露した私の過去からの学びが、1月末の神奈川TMCでの「ありのままに」という日本語スピーチにつながり、最終的に4月5日のエリアコンテストで披露しました。ところが、エリアコンテスト終了後、この歌あり踊り(に近い)ありのスピーチのことを考えていて、「これはいったいスピーチなのか?演劇なのか?」と思った瞬間、モチベーションが急速に下がってしまいました。そんな中で迎えたDivision Cコンテストは優勝したものの非常に不満足なできでした。技術で無理やり勝ちをもぎ取ったかのような。「The Missing Piece」はその使命を終えたのだなと感じ、別のスピーチを作りはじめました。それが今回の「A Drop of Water」でした。

「A Drop of Water」の方針は、次の3つ

  • 1、できるだけ「演説」に近づける。(演劇的な過剰なパフォーマンスはやらない。)
  • 2、今の日本で私が非常に不安に思っていること、不満に思っていること。危惧していることを語りきる。(Darren LaCroix/Mark Brownの”命が明日終わるとしたら、何を言葉として残すか?”の実践。)
  • 3、私の個人的な経験、ストーリーは極力排除し、理念、観念的なものを語る。(David BrooksのPublic Speaking is "Tell a Story, Make a Point"は今回はやらない。)

ノバホールは、音楽のコンサート用に設計されたすばらしいホールです。ステージから客席を見ると、まるで谷底にいるような感じです。ピアニシモからフォルテシモまできれいに響きます。残響もまたすばらしい。

こんなすばらしいホールで、私は自分の好きなメッセージをノーミスで存分に伝えきりました。

スピーカーとしてこんなに幸せなことはありません。

以前から、来年春のコンテストは出場しないと決めていました。3年連続でスピーチのために体を酷使してきて、今年はかなり肉体的にきついと感じていました。スピーチを推敲するときは本当に体を捻りながら、うんうんいいながらやるのです。

ネタもそろそろ尽きてきました。しばらく春のコンテストを休んで充電後、話したいトピックが見つかったとき再び挑戦すると思います。(秋は、自分のスキルビルディングのためにも挑戦します。)

休みに入る前のよい思い出となりました。

アドバイスを下さった皆様、サポートしてくださった皆様。「残念ね!」と声をかけてくださった皆様。本当にありがとうございました。

そして、新チャンピオンの久松さん、本当におめでとうございます。コネチカットに向けてがんばってください。

| | Comments (12)

第373話:練習日記5月11日 ゆっくりと

5月11日(月) 晴れ ディストリクト76コンテストまであと20日。

スピーチを暗記後、ためしに原稿無しでやってみる。748Wordsもあるのに、7分かからずに終わった。

どういうわけだ?

もうすこし追求したかったが、Fantasistaの役員Skype会議の時間となったため、終了。

それにしても、Skype役員会議は21時から22時40分まで。充実した役員会議で、とっても満足。家族には息子を筆頭にとってもあきれられた。

| | Comments (4)

第372話:練習日記5月10日 再起動

5月10日(日) 晴れ ディストリクト76コンテストまであと21日。

Division Cコンテストが終わってから、いろーんな事を考えて、ゴールデンウィークもいろーんな事を考えて、今日から練習を再開した。

久しぶりに練習したら、喉が痛くなってきた。そのことにブランクの長さも感じる。

今日の練習は、ものすごく楽しかった。モチベーションも上がった。

私のエリアとディビジョンでのスピーチをご覧になった方が、このスピーチを聞くとなんと思うだろう?そういう反応を想像するのも楽しかった。

当面は、

  • 5月22日(金)18時30分からの相模女子大学TMC(立ち上げ中)
  • 5月23日(土)大和バイリンガル例会
  • 5月27日(水)東京インターナショナル例会

を目指して頑張る事にする。

ところで、このまま豚インフルエンザが終息しないと、今年の8月の世界大会はどうなるのかな?なんて余計な事も考えつつ。

| | Comments (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »