« 第381話:2009年D85チャンピオン Chen Zhang氏との夕べ(7月4日上海) | Main | 第383話:感動で鳥肌が立った久松さん壮行会@鳩山会館 »

第382話:久しぶりのManualに基づいたスピーチ(7月11日大和バイリンガル例会)

私がATM-B(現在はAC-B)を取得したのは、2004年の6月。そこからAC-Sに向けてのあゆみはカメよりも遅くまさにカタツムリ並み。毎年「今年こそAC-Sを取ろう。」と思うだけ。

とくにコンテストにチャレンジしていた2006年から2009年5月まではAdvanced ManualのProjectを進めるのは正直荷が重かったです。

しかし、今年はコンテスト挑戦も5月で終わったので、まじめにAC-Sに向けてProjectをこなしていくことにしました。

現在取り組んでいるのがSpeeches by managementというマニュアル。今回は下記のProjectに挑戦しました。

Project 5, Confrontation: The Adversary Relationship

Objectives
- Understand the definition and nature of the adversary relationship.
- Prepare for an adversary confrontation on a controversial management issue.
- Employ appropriate preparation methods, stratefy, and techniques, for communicating with an adversary group as the representative of your company or corporation.

Time : Five minutes for speech, 10 minutes for question peiord.

このプロジェクトは設定をどうしようか悩みましたが、結局次のシナリオで行く事にしました。

「大和バイリンガルクラブの会員情報がうっかりネットに流出してしまい、怒り狂っているメンバーを前に経過、理由、再発防止策を説明し、怒り狂っているメンバーからの質問に答える。」

TMODには、事前に「簡単に事情を説明して暗い雰囲気を作ってくれ。呼び出しの時の拍手もいらない。」とお願いし、また何人かのメンバーには事前に「厳しい質問をばんばんぶつけて下さい。」と下ネゴし本番に臨みました。

いやースリリングなQ&Aセッションでした。

  • 「今回の情報流出により20万円を超える損害が出たがどうしてくれる?」
  • 「このことで退会者が出たらどうするんだ?」
  • 「日本企業の責任者みたいに謝らないのか?切腹は?」(あのねー)

過去形と現在完了形を間違えまくったり、Well, Ah, Ohなどの不要音をいれまくりの冷や汗Q&Aでしたが、実に面白かったです。

前回このマニュアルのスピーチをやったのが、2007年11月。ちょっと空き過ぎました。あとProject 2のThe Technica Speechをやればこのマニュアルはめでたく終了です。ワークショップを二つやってめでたくAC-Sとなります。がんばろう!

|

« 第381話:2009年D85チャンピオン Chen Zhang氏との夕べ(7月4日上海) | Main | 第383話:感動で鳥肌が立った久松さん壮行会@鳩山会館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第381話:2009年D85チャンピオン Chen Zhang氏との夕べ(7月4日上海) | Main | 第383話:感動で鳥肌が立った久松さん壮行会@鳩山会館 »