« 第421話:やまのてトーストマスターズクラブでのある「挑戦」 | Main | 第423話:東京大学杯スピーチコンテスト(12月20日) »

第422話:「ユーモアスピーチと笑いのブートキャンプ」最終回(12月19日。ファンタジスタ例会)

やまのてトーストマスターズ例会から一夜明けた12月19日。私はまた中目黒にいました。

ファンタジスタの例会が、ここ中目黒から徒歩10分の菅刈住区センターで行われるからです。

最後のチャレンジは、「普通のスピーチの中にユーモアを入れる。苦手な分野にチャレンジ」ということで、次のラインアップで行いました。一人当たりの持ち時間は3分です。

  • 第一スピーカーは、Toastmasters of the Dayとして、会場の雰囲気を温めるオープニングスピーチを行う。(タイマーの紹介なども)
  • 第二スピーカーは、エリアガバナーとしてスピーチコンテストでの挨拶を。
  • 第三スピーカーは、LGMとしてスピーチコンテストでの挨拶を。
  • 第四スピーカーは、ややブラックなユーモアを。
  • 第五スピーカーは、会長として、一気に場の雰囲気を楽しく変える例会のオープニングを。
  • 第六スピーカーは、エリアガバナーとして、あるクラブにエリアガバナーとして訪問したときのエリアガバナー挨拶を。
  • 第七スピーカーは、一般的な笑い話を。
  • 第八スピーカーは、自己紹介にユーモアを入れるチャレンジ。

繰り返しになりますが、上の8つのスピーチはすべて「ユーモアを必ず入れる」という条件付です。

各スピーカーの間には、3分間のフィードバックセッションが入り、聞き手であるほかのメンバーからのフィードバックが入ります。各スピーカーからの学びやバリュー、工夫についての提案、あるいはスピーカーへの質問など、スピーチをさらに掘り下げて学ぶ時間をとります。

議論を重ねれば重ねるほど、笑いというものの奥深さを意識させられます。

フィードバックセッションのあとは、さらにコミュニケーションと笑いというテーマで議論は続きます。

笑わせたいのか?なぜ笑わせたいのか?相手との距離感は?

Humorの語源は?

議論が広がります。

やはり、笑いを取ろうと思ったら、「研鑽」を続けるしかない、というベテランメンバーのコメントに私は非常に共感しました。

笑いは確かに難しい。スキルとマインドセット、タイミング。いろいろなものが必要。

さらに拡散した議論を、ベテランメンバーが、「このブートキャンプを入り口としてこれからも勉強していくというつもりで思うくらいにしたほうが良い。」と収めてくださいました。

トーストマスターズに入って10年目。

10月7日のラフターヨガ(笑いのヨガ)から始まったこのブートキャンプ。

笑いについて例会で3ヶ月間集中的に考えるという経験をしたことは確かに大変貴重でした。

いつの日か「ユーモアスピーチと笑いのブートキャンプ」のパート2を立ち上げてくれるメンバーの出現を期待します。

追伸:笑う門には福来るで、2名の入会がありました。わはは。

|

« 第421話:やまのてトーストマスターズクラブでのある「挑戦」 | Main | 第423話:東京大学杯スピーチコンテスト(12月20日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第421話:やまのてトーストマスターズクラブでのある「挑戦」 | Main | 第423話:東京大学杯スピーチコンテスト(12月20日) »