« 第431話:ファンタジスタ プロモーションビデオ 1月号 | Main | 第433話:スピーチクリニック@宝塚トーストマスターズクラブ(1月9日) »

第432話:参加しませんか?TOASTMASTERマガジンマラソン(TMM)

第430話:2010年念頭の抱負で述べた抱負の③ TOASTMASTERマガジンマラソンの実施(毎月最初から最後まで読み通す。マラソン仲間募集中です。)についてのお話です。

さっそく東は神奈川から、西は広島まで7人の方のお申し込みをいただき、開始致しました。

毎月送られてくるTOASTMASTERマガジンを「ツン読」で終わらせず最初から最後まで読み通す。それを1年続けてみる。読むごとにメーリングリストに報告し、お互い励まし合う。

という趣旨で始めたところ、あるランナー(マラソンですから、メンバーをランナーと呼んでみます)から、「メンバー同士で分担を決めての読書会をやってみよう。」という提案もあがり、読書会の企画も進んでいます。

入会、退会も自由。

2010年12月31日に受け取ったすべてのTOASTMASTERマガジン各号を読了する、あるいは仲間の力を借りて自分のものとするのがゴールです。

参加してみたい方は、メールを下さい。

メールアドレスは、PXP05102の後に@gmail.com で送信下さい。

*** 付録:1月4日に参加希望者に送った趣意書です。

TMMの目的】

  • 参加者が切磋琢磨、励まし合い、毎月自宅に届くTOASTMASTERマガジンを、毎号最初から最後まで(広告は除く)読み切り、12月には全員がめでたくゴールする。

TMMの副産物】
  • やり遂げる自信、助け合う心、仲間意識。
  • 英語力の向上。
  • トーストマスターズの知識とスキルの向上。

TMMの方法】
  • メーリングリストを使って、自分の進捗を報告する。
  • なおオプションとしてSkypeを使っての学びの共有会を行うことも検討中)

TMM内でのルール】
  • 助け合う。
  • 質問を恥ずかしがらない。(こんな質問をしたら笑われる、馬鹿にされると思って質問をしないのは厳禁)
  • 質問には可能な限り答える。
  • TMM以外の世間話はメーリングリストではしない。
  • 知り合いを自由に誘って構わない。
  • 入会、退会は自由。

【お願い】
  • 参加するみなさんには、メーリングリスト内ではメールアドレスを公開していただきたいと思います。TMMで目的を同じくする仲間と励まし合うためです。
*** 付録その2:東が発信した進捗報告メール(参考であって、強制ではありません)

TMMの皆様

引き続きDECEMBER号を読んでおります。
私は主に朝晩の通勤電車の中(車中片道60分)とか、フロで読んでおります。
DECEMBERが手元に無い方はNOVEMBERの未読記事を読んで報告してはいかがでしょうか?

★★今日読み終わった記事★★
Speaking to Children - 読了 1月6日
これは子供だけでなく十分大人にも通用するテクニックだと思いました。子供は一日平均200回笑うのに対して、大人は15回しか笑わないのだそうです。まずいね~。
Talk Smart at the Holiday Office Party  - 読了 1月6日
「まぁ、そうですね」って感じの記事でした。Let your hair down. 2007年のI LOVE
YOUというスピーチで使った表現です。なつかしい。
Manner of Speaking: Speaking About Social Responsibility  - 読了 1月6日
よろしいのではないでしょうか?世の中にはえらい人がいるもんだと感心しました。

★現在着手中★
Delivering Bad News

★明日以降★
Profile: As if They Were His Own
Funny You Should Say That: Clink, Clink, Clink. (Gulp)
How To: Tips for a New Year's Eve Toast
Speaking Eye to Eye

|

« 第431話:ファンタジスタ プロモーションビデオ 1月号 | Main | 第433話:スピーチクリニック@宝塚トーストマスターズクラブ(1月9日) »

Comments

東さん、こんばんは
宝塚TMの松原です。昨年、東京へ転勤(単身赴任)となり
多忙なため(それを理由にしているような)、TMでの参加も
ままならない状況です。 このままではいけないと思いながら、
時間を有効に活用できていない自分に苛立たしさを覚えています。
本日、たまたま徒然草を読ませていただき、これが良いきっかけになればと
思っています。

よろしく、お願いいたします。
松原

Posted by: George | February 13, 2010 at 12:27 AM

松原さん、先日は宝塚でおもがけない再会をとてもうれしく思いました。単身赴任だといろいろと大変だと思います。できること、できないことを見極めて、できることから少しづつ着手されてはいかがでしょうか?Toastmaster Magazine Marahonは、空き時間に参加できますよ!

Posted by: azuma | February 14, 2010 at 05:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第431話:ファンタジスタ プロモーションビデオ 1月号 | Main | 第433話:スピーチクリニック@宝塚トーストマスターズクラブ(1月9日) »