第441話:USTREAM : 2001年世界チャンピオンのワークショップのビデオ(86分48秒)

オンラインで実況ライブ中継ができる話題のメディアUSTREAMで、「Live Coaching of Public Speakers with Darren LaCroix 」なるビデオを見つけました。

時間は、86分48秒。アメリカのどこかのDistrictのイベントでやったもののようです。

| | Comments (0)

第436話:Facebookへ引越し

第432話:参加しませんか?TOASTMASTERマガジンマラソン(TMM)でご紹介したTMMですが、最近Facebookに引っ越しました。

FacebookでThe TOASTMASTER Magazine Marathonと検索していただくと出てきます。

当初Mixiでの運用を考えていたのですが、Mixiで新規にアカウントを取得する際に、現在は携帯電話がないとイケないそうなのです。今後Mixiを持っていない人が加入することを考えるとこの制限はちょっと面倒です。

ということで、その制限のないFacebookとしました。

あなたも参加しませんか?

| | Comments (0)

第429話:ザ メイキング オブ "ファンタジスタプロモーションビデオ"

今朝、ファンタジスタのWebサイトに新しいプロモーションビデオを貼り付けました。ビデオ本体はYouTubeにあり、それをFreeToastHostで動いているファンタジスタのWebサイトに貼り付けたというイメージです。

★作り方の紹介

使用したソフト

  • Windows ムービーメーカー: 95%以上Windows ムービーメーカーで作成しています。Windows XP, Vistaに標準装備されています。
  • Loilo Scope:1分57秒、2分10秒、2分19秒、2分25秒にちょこっと登場する「Fantasista Toastmasters Club」という青地に右から左へ流れる文字を入れるために使っています。6000円程度のソフトです。

使用した素材

  • 文字関係:大半の文字はWindows ムービーメーカーの中にあるタイトル作成機能を使っています。たとえば冒頭から18秒までがそうです。
  • 写真:例会、合宿、飲み会などの写真。ファンタジスタのWebサイトのFantasista Photo Galleryで公開している写真を素材としました。
  • プレゼン資料:59秒目から1分38秒までの3枚の説明資料は、小野会長が「気持ちに向き合うブートキャンプ」をクラブに提案したときの資料をJPEG化しています。
  • クリップアート:50秒で出てくる「ハート」はマイクロソフトの「Microsoft Office Online」のクリップアート集からダウンロードしました。
  • 音楽:mp3.comのFree Musicからイメージにあう曲をダウンロードしてきました。著作権、二次利用に関する制約の無いものを探していただけにありがたかったです。

作り方

  • Windows ムービーメーカーに、上であげた素材をどんどん貼りこんで、それを音楽に合わせてタイムライン上に並べていきました。
  • ドラムの音で画面が変わるようにタイミングを合わせたりする細かい調整に時間がかかりました。
  • Windows ムービーメーカーで、ビデオが出来たら、まずビデオの作成でwmvファイルを作成しました。
  • wmvファイルが出来たら、それをYouTubeにアップロードします。

Windows ムービーメーカーで処理できなかった部分

  1. 1分57秒、2分10秒、2分19秒、2分25秒にちょこっと登場する「Fantasista Toastmasters Club」という青地に右から左へ流れる文字を、写真と交互に入れるために使っています。
  2. まず、いちど「Fantasista Toastmasters Club」という青地に右から左へ流れる文字だけの11秒ほどの短いビデオクリップを作ります。(wmv形式)
  3. それを、Loilo Scopeというビデオ編集ソフト(6000円程度)にかけて、このビデオを5秒、3秒、2秒、1秒の4つにクリップに分割します。
  4. 出来上がったビデオクリップを再びWindows ムービーメーカーに読み込み、写真の中に入れ込みます。
  5. ※でも、よく考えると同じことがWindowsムービーメーカーでも出来たような気がします。

今後やってみたいこと

  • 例会の様子のビデオクリップを作成し、それを素材としてPVを作成する。
  • ただし、デジカメで動画を撮影する際に利用される、MPEG形式は、そのままではWindows ムービーメーカーでは読み込めなさそうですので、そんなときはLoilo Scopeを使って編集です。あるいはWindows Live ムービーメーカーを使えばよいそうです。Windows Live ムービーメーカーは、利用できるファイル形式が、私が使ったWindowsムービーメーカーよりもはるかに広がっています。

ビデオの話ですが、要はPR

  • 今回はPV作成の話でしたが、要はPRです。
  • そのクラブの等身大の姿を紹介するためにもビデオをとても便利だと思います。
  • 最近はクラブのWebサイトでビデオを貼り付けているクラブがいくつもあります。これまでにファンタジスタ用に3つのPVを作成してきまして、作成スキルもあがってきました。お互いに情報交換しながらうまく使いこなしていけたらと思います。

| | Comments (3)

第428話:Twitterウィジェット各種とFreeToastHostの相性

Twitterのウィジェット(Widgets)を使って、ファンタジスタのWebサイトに、「Fantasista Tips」なるトーストマスターお役立ちTipsを一日一つ掲載しています。

ただ、このウィジェットとFreeToastHostの相性がいまひとつよろしくありません。これまで約一ヶ月の格闘のまとめをしてみたいと思います。

◆ウィジェット(Widgets)とは

Twitterのつぶやきを、自分のWebサイト、ブログ、MySpaceやFacebookなどのSNSに持ってくるための部品です。Twitter活用術の中のウィジェットからアクセスできます。

◆FreeToastHostとは

Toastmastersクラブであれば、誰でも使えるクラブPR用のWebサイト。ファンタジスタのWebサイトも、このFreeToastHost(略してFTH)を使っています。

◆FreeToastHostで相性のよいウィジェット:MySpaceウィジェット

こちらが、MySpaceウィジェットです。本来MySpace用なのですが、FTHでも動きました。

FreeToastHostの中のHTMLエディター( <> というアイコンで起動)で、入れ込みます。

それでも実は苦労があります。ファンタジスタのWebサイトでは、YouTubeのビデオも埋め込んでいますが、YouTubeビデオを更新すると、MySpaceウィジェットが動かなくなるのですよ。そうなったら、仕方ないのでTwitterのMySpaceウィジェットのページからソースコードを持ってきて、FTHのHTMLエディターを起動して再度貼り付けです。

それがちょっと面倒です。

ソースコートの取得は、Twitterにログインして、Twitter活用術 → ウィジェット → MySpaceウィジェット。

◆FreeToastHostで相性の悪いウィジェット:ウェブサイトのプロフィールウィジェット

なんで、わざわざ相性の悪いウィジェットを紹介するかというと、いつもだまされたからです。

Twitter活用術 → ウィジェット → ウェブサイトのプロフィールウィジェット

で、いかにも「BlogでもMySpaceでもない自分のウェブサイト」用と思って、ソースコードをコピーして、FTHのHTMLエディターを起動して張り付けると、認識してくれません。実は、FTHのバージョンアップまではこれでも動いたのですね。

◆FTHとの相性の原因

相性のよいウィジェットは、"<object classid= ~~~~~</object>"であるのに対して、相性の悪いウィジェットは、"<script src= ~~~~~</script>"となっています。どうもこのscript srcをFTHは嫌うようです。

まだまだわからない点は多いのですが、ひとまず経験をまとめてみました。

 

| | Comments (0)

第412話:ネットカフェで、FreeToastHostサポート

あるトーストマスターから、「FreeToastHostでクラブのWebサイトを作っているのだがどうしてもうまくいかない。」との相談を受けました。

お互いの自宅をでて、さぁどうやってWebサイトの相談を受けるか?

公共図書館?漫画喫茶など、いろんなオプションを考えて、Googleで検索してみたら、渋谷の交差点に面するQFRONTなるビルの6階にWired Cafeなるインターネットカフェを発見。

電話で聞くと、備え付けのパソコン以外に、持ち込んだパソコンを無線LANに接続できる戸のこと。利用料もドリンク、料理の中に含まれるとのことでした。

さて、件のトーストマスター氏とそのWired Cafeで面会して、実際にFantasista TMCのWebサイトをFreeToastHost上でどのように設定しているかをお見せし、今度はその方のクラブのサイトを拝見して、いくつかサポートをして差し上げました。

今日サポートをする中で、やはりFreeToastHostはクラブを超えて経験が共有できるため、ユーザーが増えれば増えるほど、困ったときに質問できる人の数も増え、良いなと思いました。

こうしてネットカフェで落ち合ってさっさとサポートすることも出来ます。

FreeToastHostは、デザイン変更などで細かいところで融通は利きませんが、日本語も使えますし、何よりもクラブのWebサイトに必要な機能はそろっています。

クラブのWebサイト運営でお困りならば、乗り換えを検討してみませんか?

| | Comments (0)

第411話:Twitter

ファンタジスタクラブのWebサイトにTwitterで一口メッセージを表示しています。

世間では欧米メディアを中心に、Facebookだ、Twitterだ、MySpaceだと騒がしく (日本ではMixiですが)、一方私はご覧のようにこれまでずっとBlogで来ておりますので、そういうものの価値を理解しておりませんでした。

しかし、今年の世界大会でToastmasters InternationalがTwitterを使って実況中継をしたり、また私の勤務先の米国本社もTwitterで新製品の案内をしていることを知り、Toastmastersでの利用を考えてみました。

でも考えてもわからないので、やってみる事にしました。(Blogのときも、考えても分からず、やってみる事にしました。もう4年も続いています。)

その結果です。

ファンタジスタTMCのTwitter
http://twitter.com/fantasistatmc

ファンタジスタTMCのWebサイト(いちばん下にTwitterの"バッジ"を貼っています。)
http://fantasistatmc.jp/

Twitterで「つぶやく」と、ファンタジスタのWebサイトに貼られたTwitterのバッジも自動で更新されます。

Twitterのバッジ(こんな風にブログやWebサイトに貼れます)


                                                                                                       

| | Comments (2)

第320話:6人まで無料でビデオ会議ができるサービス(http://meeting24.tv)

http://meeting24.tv/ という無料のビデオ会議サービスを使ってみました。

meeting24.tvのうたい文句です。

「meeting24.tv は、24時間、最大24人で、TV(Web)会議ができるサービスです。
登録も利用も無料です。(7人以上の場合は有料になります。)
会議を設定する一人だけが登録すればOK。お使いのPCでお気軽にご利用ください。
(英語のブラウザでは、メニューが英語になりますので国際会議にもお使いいただけます。) 」

Fantasista TMCのほかの二人のメンバーと90分のビデオ会議をやってみました。

結論としては、「使える。また使ってみたい。」です。

  • 会議設定は、主催者が会議室を作ります。そうすると、会議室へアクセスするためのURL(http://なんとかかんとか、、)が自動的に発行され、出席してほしい人にそのURLをメールします。
  • 受け取った人は、時間が来たらそのURLをクリックするだけです。ここらへんの手順はSkypeよりも簡単です。(そもそもSkypeは1対1を超えるビデオ会議ができません。)
  • ただ、てこずったのは全員との音声で会話できるようにする部分でした。私を含む3人それぞれが自分のパソコンのオーディオ設定を点検したり結局通話できるようになるまで40分ほどかかりました。(おそらく次回は今日の経験をもとにもう少し手際よくできると思います。)
  • しかし、いったんつながると3人がそれなりに会議ができました。
  • やはり、相手の顔を見ながらの話は、声だけよりも能率があがります。

Skypeやこのmeeting24.tvのように個人のパソコンに依存するサービスの場合、その人が持っているパソコンやマイクの性能によって会議の品質が左右されます。

今回の3人は、それぞれ自前のマイクやマイクつきヘッドセットを持ち寄っての会議でしたから、ある人のマイクはよくノイズを拾い、ある人の声は聞こえにくいなどが起こりました。

家族ならまだしも、トーストマスターズのクラブの全員が同じマイクやヘッドセットを買うのは不可能のですので、ここは我慢して使っていくしかありませんね。

もうひとつは、こういうビデオ会議をする場合、自分の部屋が相手に見られてしまいますので、ビデオカメラに映る範囲は片付けておくことが必要になります。服装もそれなりに、女性はお化粧も必要になるかもしれません。(というか必要でしょう。)

90分の会議を終えて、明日2月12日のFantasista TMCのテーブルトピックス練習会の懸案事項はほぼ片付き、また2月21日のFantasista TMCの例会について準備しなければならないことも明確になり、成果は出しました。

自宅を一歩も出ずに、しかも無料でこの成果を出せれば、すばらしいと評価します。

| | Comments (2)

第316話:フリーのビデオ編集ソフト「ロイロ・スコープ」でスピーチレッスン

フリーのビデオ編集ソフト「ロイロ・スコープ」は、私がこれまで試したいくつかのビデオ編集ソフトよりも簡単で強力・高速でかつユニークです。

独特の操作感覚なので一般のWindowsソフトの常識(たとえば、マウスの右クリックをすればなんとかなる)が使えませんが、ロイロ・スコープの流儀がわかれば、スムーズに直観的に使う事ができます。

無料版と製品版がありますが、無料版でも私がやりたい事はたいていできてしまいますが、製品版も7000円程度なので買ってもいいかという気持です。

これを使えば、たとえば遠方の方からスピーチの練習用のビデオ(DVDなどで)を送っていただき、そのビデオの上に直接コメントを書き込んで送り返すこともできるようになります。

ロイロ・スコープは、YouTubeに直接アップロードする機能もあります。

★ 「The Painful Peacemaking Processをやっている最中に発生するもろもろ

株式会社ロイロの企業情報を見ていて、私の住んでいるところから比較的近い所であることがわかりました。杉山さんと言う方が開発されたソフトです。ビデオ編集に革命をもたらす世界でもトップクラスのソフトウエアだと思います。

| | Comments (0)

第312話:プレゼンをスライドショー形式で共有するSlideShare.net

プレゼンテーションで使ったパワーポイントのスライドを共有する方法として、おもに次の手段が取られていると思います。

  1. パワーポイント(以下PPTと省略)ファイルをメールやUSBメモリー経由で共有する。(相手がPPTを持っていないとこの手段は使えない。自分のパソコンにPPTを持っている人はそれほど多くない。)
  2. PPTスライドショー形式で保存し、メールやUSBメモリー経由で共有する。(相手がPPTを持っていなくても、相手のパソコンでスライドショーを再生できるが、あまり知られている方法ではない。)
  3. PDFファイルに変換して共有する。(自分がPDFに変換するソフト(PPT2007やStarSuiteを含む)を持っていないとできない。)
  4. PPTをJPEG形式で保存する。(スライドの枚数分だけJPEGファイルができるので、受け取った方はちょっと面倒)

簡単なようで、実は共有の事を考えると少々面倒くさいものがありました。

★ http://www.slideshare.net/

SlideShareというサービスは、PPTの共有を実に簡単にしてくれます。

まず、百聞は一見にしかずで、私が2007年の秋に作ったパワーポイントをSlideShareにアップロードしたのでお見せします。


(2007年Division AのEvaluation ContestでのWorkshopで使ったPPTです。)

ごらんのように、YouTubeそっくりのインターフェースを採用していますので、使い方が簡単です。(YouTubeの知識が応用できます。パワーポイント版YouTubeとも呼ばれているそうです。)

SlideShareについて

  1. URLは、http://www.slideshare.net/
  2. アップロードは、YouTubeのやり方とそっくり。日本語も変換してくれる。
  3. パワーポイントアニメーションは、変換されない。(変換してくれると嬉しいですが、なくてもOK)
  4. メールでの共有も簡単。SlideShareの共有機能を使ってもよいし、スライドのアドレスをメールに貼り付けて相手に送ればよい。とても簡単で、サイズオーバーで相手に届かない心配もありません。
  5. PPTの元ファイルをダウンロードできる。(SlideShareが見せるスライドショーで飽き足らず、元ファイルがほしい人には嬉しい機能。)
  6. PPTをアップロード公開したい人は、ユーザー登録が必要。ただ、見るだけならば登録は不要。
  7. 無料。

SlideShare.netでは、たくさんのセンスのよいプレゼンテーションスライドがアップロードされていますので、それらを見ながらデザインのセンスを磨く事ができそうです。(デザインコンテストもあるようです)

またトーストマスターズの方もたくさんプレゼンテーションをアップロードしていますので、それを見ながら勉強もできます。

| | Comments (0)

第303話:進化を続けるDistrict76のWebサイト

District76のWebサイトですが、アクセスするたびにいろいろな機能が追加されています。

今日、たまたまアクセスした際に、日本語ページが追加されているのを偶然見つけました。「これはすごい。」と直感的に思いました。

私は、仕事で片手間に翻訳した経験や、バイリンガルクラブを運営した経験から、翻訳の大変さ、と同じ情報を日本語と英語で維持し続けていく苦労を知っているつもりですので、D76でWebサイトを担当していらっしゃる方のこうしたご尽力に本当に頭が下がりました。

日本語ページは、http://www.district76.org/ にアクセスして表示されるページの右上隅にEnglishと日本語とありますが、この日本語をクリックすることにより表示されます。

D76のWebサイトは、3年ほど前に現在のデザインに変更されました。現在のデザインになった当初は情報の更新もあまり頻繁ではありませんでしたが、今年になってどんどんと新機能がリリースされているのに気がついて、「Webご担当の方ががんばっているのだな。」と思っておりました。

今年リリースされた機能の中でいちばん便利だと思うのが、For VisitorsのコーナーにあるFind A Clubページのフィルター機能です。District76のクラブ一覧表を、Prefecture(都道府県)、 Club Name(クラブ名)、 Club No(クラブ番号)、 Area(所属エリア)、 Div.(所属ディビジョン)、 Language(使用言語)、 Meeting(開催日)で絞り込む機能です。

これを使えば、「D76にあるバイリンガルクラブはどのクラブ?」「Division Cのクラブ数は?」「東京で火曜日に例会を行っているクラブはどこ?」などの質問の答えを簡単に見つけることができます。しかも動作が速い。

すばらしい改善だと思います。

これまで、ほかのディストリクトのWebサイトに比べて正直「差をつけられていた」我がDistrict76のWebサイトですが、ご担当の方の地道なご尽力で目に見えてよくなってきました。

心からお礼を述べたいと思います。ありがとうございました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧